(出典 www.park-tochigi.com)


管理に瑕疵があったかが問題 怪我した人にも責任があるでしょう。

1 朝一から閉店までφ ★ :2021/10/20(水) 05:59:33.47

社会 2021年10月19日 06時00分

 遊園地に大型プール…レジャー施設を貸し切って遊んでみたいと、誰もが一度は夢見たことがあるだろう、海外にはそんな願いを実現させて大けがをした人がいる。

 英ハンプシャー州で夜中に大型プール施設に忍び込んだ男女が、ウォータースライダーを滑り降りて柵に激突、大けがをしたと海外ニュースサイト『Sun』『Daily Mail』などが10月8日までに報じた。​

 記事によると8月4日夜、同州在住の46歳女性はバーに繰り出しお酒を楽しんだという。4時間ほどバーで過ごした後、女性は44歳の男性の自宅を訪ねた。今度は男性とお酒を楽しんだという。2人(以下男女)は友人関係だそうだ。女性は4人の子どもの母親で、孫もいると伝えられている。
男性の家族関係は報じられていない。男女はお酒を飲みながら近くの大型プール施設に行こうと意気投合。同日午前2時ごろプール施設へ向かった。男女はかなり酔った状態だったそうだ。

 施設は閉園していたが、フェンスの下から潜り込んで侵入。男女はプールに浸かった後、チューブ型のウォータースライダーへ。女性は服を着ていたようだが、男性は裸だったそうだ。ウォータースライダーの階段入口にはチェーンがかかっていたが、鍵はかかってらず、外して階段最上部へ。
女性を先頭にして男性は後ろから女性を抱き込む形で、2人一緒にウォータースライダーを滑り降りた。しかし、ウォータースライダーの出口は鉄製の柵でふさがれており2人は勢いよく鉄製の柵に激突した。

 男女とも激しい痛みで動けず出血もひどく、女性の脚の骨は折れて皮膚から突き出ていたほどだった。男女はウォータースライダーをたたき、大声で助けを呼んだが、周囲には誰もいなかった。けがをしてから約2時間後、ようやく警察が男女のもとへ駆け付けたという。

 警察によると、「子どもがプールで騒いでいる」と近所から通報があったそうだ。男女は病院に搬送されたが、両足ともに、足の指から脛骨までを複雑骨折しており、爪がはがれるなどひどい状態だった。命に別条はないが、再建手術は複数回に及んだという。2カ月経過した現在も、車いす生活が続いている。

 男女は英テレビ局「ITV」の報道番組に車いすのまま出演。事故の体験を紹介し、注意喚起した。番組の最後に男性は、自分たちが愚かだったと認めつつも、プール施設側の安全管理不足を指摘、「プール施設側は、警備員を配置すべきだ。フェンスがあっても簡単に侵入できた。安全管理が不十分で、法的措置をとる予定だ」と話した。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

https://npn.co.jp/article/detail/200016809/