クイックスポーツNEWS

クイックスポーツNEWSは、ニュース及びゴルフ、野球等の各種スポーツや政治、経済、芸能など今話題になっている事に関する情報の5ch・2hhやTwitterの声をまとめて紹介しています。
お気に入りの記事を探してみてください。

2021年10月


米ツアーの選手は1球1球コースをイメージして練習している! 2人のプロが「ZOZO」を振り返ってみた

…れる動きが入っています。そのことによってフェースをスクエアに戻し、ハンドファーストなインパクトを実現するこの動きが比較的強い選手が多かった。コリン・モ…
(出典:みんなのゴルフダイジェスト)


ハンドファーストで打つのが自然な動きですよね❗アームローテンションがおかしいと思います。

【⛳⛳ゴルフ⛳⛳ ドライバー もハンドファーストで打つ❗】の続きを読む



(出典 www.risktaisaku.com)


日本はコロナを壊滅させたの?

1 お断り ★ :2021/10/31(日) 18:12:22.16

Japan's success in smashing its latest wave of COVID has 'puzzled' health experts
日本は最新のコロナウイルスの波を壊滅させ、その成功に専門家も困惑している

日本では170万人以上のコロナウイルス感染者と18,000人以上の死者を記録していたが
ワクチンの接種率とマスク着用率の高さにより、その感染者数は急激に減少している。
現在日本では1日あたり300人程度の患者数しか記録されていません。
10月1日には、半年ぶりに非常事態宣言が解除され、東京のレストランやバーでのアルコール販売が禁止されるなど、規制が緩和されています。
他の国とは異なり、日本の当局は東京オリンピックをしながらコロナウイルスの安全性を維持するという不可能に近い課題を抱えていました。

今年初めには、ワクチンを投与するための訓練を受けたスタッフの数が不足していることが指摘されていました。
しかし、現在では日本の人口の70%以上が完全にワクチンを接種されています。
バーネット研究所の疫学者であるマイク・トゥール氏は、感染症の急激な減少の理由を一つに絞ることはできないと言います。

トゥール教授によると、日本はワクチンと他の感染対策を組み合わせた「ワクチンプラス」戦略を採用しているという。
当局がウイルスの抑制に成功したのは、社会的距離を置く指示の遵守、マスク着用、ワクチンの高い接種率などの対策が複合的に功を奏したためであるという。
「日本での減少を予防接種だけで説明することはできません。なぜなら、1億人以上の人口を抱える日本では、30%の人が予防接種を受けておらず、
ウイルスが拡散する余地が十分にありました。」
日本のコロナウイルス対策は失敗するのではないかと危惧する専門家もいましたが、今では日本の成功の「謎」を解き明かそうとしています。

ABCニュース 2021/10/29 ソース英語 『Japan's success in smashing its latest wave of COVID has 'puzzled' health experts』
https://www.abc.net.au/news/2021-10-29/how-japan-smashed-the-covid-19-curve/100558404

前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1635665391/


【✡️コロナ 海外メディア 「日本はコロナウイルスを壊滅させた!専門家も困惑しつつ、日本から学ぶ」】の続きを読む



(出典 urizunkei.com)


やっぱり不合格ですか。

1 愛の戦士 ★ :2021/10/31(日) 18:26:09.82

秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さんと結婚した小室圭さんが、アメリカ・ニューヨーク州の司法試験の結果について、留学などを支援してきた弁護士に不合格だったと明かしたうえで、「再び試験にチャレンジします。努力を積み重ねていきます」と伝えたことがわかりました。

これは、小室さんが日本で勤務していた弁護士事務所の所長で、留学なども支援してきた弁護士の奧野善彦さんが、NHKの取材に対して明らかにしたものです。

奧野さんによりますと、30日午前、小室さんと電話で話した際に、小室さんが「今回の試験の結果は不合格でした。大変申し訳ございません」と述べたということです。

その上で、「来年2月の試験に再びチャレンジします。努力を積み重ねていきます」と話したということです。

奧野さんは、この時、眞子さんとも話したということで、眞子さんは、「小室さんの話をそのとおりに受け止めています」と話し、小室さんの勉強を支えていきたいという趣旨の言葉も述べたということです。

ニューヨーク州の司法試験の合格者は、29日夜、州の司法試験委員会のホームページに掲載されましたが、小室さんの名前はありませんでした。

小室さんは、ニューヨーク州のロースクールを卒業したあと、先月から州内の法律事務所で弁護士の助手として働いていて、現在は今月26日に結婚した眞子さんのパスポートやビザの取得といったアメリカに渡る準備を進めながら、東京都内のマンションで眞子さんと2人で生活しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211030/k10013328591000.html



 試験は9227人が受験し、5791人が合格。全体の合格率は63%、初めて受験した人の合格率は78%だった。また、圭さんが卒業した米フォーダム大ロースクールなど、米国内で法律の勉強をしていた生徒の初回合格率は87%というデータもある。

 NHKによると、小室さんは日本で勤務していた弁護士事務所の所長・奧野善彦氏に同日午前に電話し「今回の試験の結果は不合格でした。大変申し訳ございません」と報告。来年2月の司法試験に再チャレンジすることを明かしたという。

 26日に結婚したばかりの眞子さんは夫の不合格を受け止め、今後も「支えていく」と決意。現在パスポートを取得している最中で、渡米の意向に変更はない。

 ただし、不合格で人生プランに狂いが生じたことはたしか。小室さんはすでにニューヨークの法律事務所「L」でLaw Clerk(法律事務員)として働いているが「ドライな米国社会では司法試験に2回連続で落ちるとクビになりかねない」(米国在住ライター)という。
 しかも〝弁護士見習い〟的な位置付けのLaw Clerkですら、1年目は寝るヒマもないほどの激務だ。

「再チャレンジに向けてどうやって勉強時間を確保するのか。司法試験の合格率が初回ほど高いのはそのためで、仕事と試験勉強を両立させるのは難しい。小室さんはいきなり厳しい現実に直面したことになります」(同)

 収入の面でも弁護士と事務員では雲泥の差があり、司法試験に合格した前者なら年収2200万円程度、後者は600万年程度になる。

「夫婦の置かれた状況を考えても、来年2月の試験がラストチャンスになる可能性が高い。ここで合格できれば問題ないが、万が一ダメなようだと、日本に戻ることも考えなければいけない」(キー局皇室担当ディレクター)

 入籍後の会見で眞子さんは小室さんの留学について「前倒しして海外に拠点を作って欲しいと私がお願いしました」と語っている。〝自由の国〟アメリカで暮らしたいのは眞子さんの方なのだ。
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3761227/


★1 2021/10/30(土) 19:31:14.79
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1635670516/


【✡️NHK】 眞子さんと結婚した小室圭さん、司法試験不合格「再びチャレンジします」】の続きを読む


カリギュラ効果を応用する❗妻子持ちも利用できる?

【♥️恋愛 強烈に求めさせる 異常にモテる人の秘密❗ カムロ】の続きを読む


相手にアドバイスを求めたらいいのですね❗

【♥️恋愛 知らなきゃ損 絶対やるべき会話テクニック❗ カムロ】の続きを読む

このページのトップヘ