クイックスポーツNEWS

クイックスポーツNEWSは、ニュース及びゴルフ、野球等の各種スポーツや政治、経済、芸能など今話題になっている事に関する情報の5ch・2hhやTwitterの声をまとめて紹介しています。
お気に入りの記事を探してみてください。

諸外国


『リトアニア 制裁措置』についてTwitterの反応


「痛みを感じる」方法で報復、プーチン氏の最側近がリトアニアに警告 貨物通過拒否巡り
…れる。リトアニア政府は、18日に発効したEUの制裁に従った措置だと説明している。 カリーニングラード州のアリハノフ知事によると、EUの制裁措置は本土か…
(出典:ロイター)


ロシア 周辺国から制裁を受けてます!

【【戦争】リトアニア ロシアへ制裁措置!】の続きを読む


『ロシア イスラエル戦闘機』についてTwitterの反応


ロシア対イスラエルの戦争に発展する?

【【戦争】ロシア イスラエル戦闘機にミサイル発射!】の続きを読む



(出典 www3.nhk.or.jp)


ロシア フィンランドまで侵攻するつもりですか!

1 ジャンピングカラテキック(滋賀県) [SE] :2022/05/13(金) 06:02:08.06


 ロシア外務省は12日、フィンランドのニーニスト大統領らが北大西洋条約機構(NATO)加盟支持を表明したことを受けて声明を出し、フィンランドがNATOに加盟すれば「(ロシアとの)両国関係や、北欧の安定と安全の維持に深刻な打撃を与える」とけん制した。また、「安全保障に対する脅威を排除するため、軍事技術やその他の手段で対抗措置を取らざるを得なくなる」と警告した。

NATO加盟、近く決断 ウクライナ侵攻で「安保環境変化」―フィンランド首相

 ロシア外務省は、NATO加盟支持表明が「(フィンランドの)外交方針を根本的に変更するものだ」と指摘。安保政策はフィンランド政府と国民が選択することだとしながらも、「責任と結果を自覚しなければならない」と強調した。(2022/05/12-21:14)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2022051201462&g=int


【【戦争】ロシアがNATO加盟意向のフィンランドへの軍事侵攻を示唆 ロシア消滅へ】の続きを読む



(出典 www.sponichi.co.jp)


フィンランドとスウェーデン 良かったですね!ウクライナみたいにならないでしょう。

1 ぐれ ★ :2022/04/11(月) 01:23:49.00

※2022.04.10 Sun posted at 16:45 JST

(CNN) 北欧のフィンランドとスウェーデンが、北大西洋条約機構(NATO)の加入に近く踏み切る可能性が出て来た。

複数のNATO当局者は10日までにCNNの取材に応じ、両国の加盟に関する議論はロシアによるウクライナ侵攻以降、極めて重大な意味合いを帯びるようになったと明かした。

米国務省の複数の高官は、この問題は先週開かれたNATO外相会議でも取り上げられたとした。フィンランドとスウェーデンの両国外相もこの会議に加わっていたという。

NATO当局者は、両国の加盟問題の議論が出てきたことはウクライナへの侵攻がNATOの同盟関係を再活性化させたり、一体感を強めたりするだけの結果をもたらしたことを意味すると指摘。ロシアのプーチン大統領が侵攻で狙っていたNATO拡大の阻止とはまさに正反対の事態が到来したことになるとした。

プーチン氏は侵攻前、ロシアの安全保障を脅*としてNATOによる東方への拡大や新規加盟の中止を要求。NATOは侵攻を受け、ウクライナへの支援を強化し、新規加盟国を迎え入れることを準備する状況になっている。

続きは↓
https://www.cnn.co.jp/world/35186104.html


【【国際】フィンランドとスウェーデン、NATOに近く加盟か】の続きを読む


アゼルバイジャンの大部分がロシア帝国領に編入された。1826年に始まった第二次ロシア・ペルシア戦争の講和条約であるトルコマーンチャーイ条約(1828年)で、ガージャール朝ペルシアのアラス川北岸地域もロシア帝国に割譲された。 やがてロシアの統治下でアゼ
67キロバイト (6,538 語) - 2022年3月27日 (日) 08:52

(出典 www.jiji.com)


ロシアが弱くなるとこうなるでしょうね。

1 樽悶 ★ :2022/03/28(月) 00:19:14.89

アゼルバイジャン軍は隣国アルメニアとの係争地ナゴルノ・カラバフでロシア軍が平和維持部隊を展開する領域に侵入して監視所を設置したほか、ナゴルノ・カラバフの部隊に対して無人爆撃機バイラクタルにより攻撃を実施した。アルメニア、アゼルバイジャン間の係争地で平和維持活動を展開するロシア軍の部隊が報告した。

アゼルバイジャン軍は3月24日から25日にかけてロシアの平和維持軍が管轄する領域に侵入し、監視場を設置した。これにより、ロシア、アゼルバイジャン、アルメニアが2020年11月9日に締結した停戦合意に違反した。また、アゼルバイジャン軍はナゴルノ・カラバフの部隊に対し、無人爆撃機バイラクタルで攻撃した。

国防省によると、ロシアの平和維持部隊は情勢の安定化に向けた措置を講じるほか、アゼルバイジャン側には部隊を撤退させるよう要請している。

ロシア外務省は声明を発表し、緊張悪化に懸念を示すと同時に、地域における情勢の安定化に向けて必要な措置を取るとコメントした。

https://twitter.com/Diplomacy140/status/1507856645971451905
https://pbs.twimg.com/media/FOz7oH8WYAYUIJ6.jpg

2022年3月27日 09:22 (更新: 2022年3月27日 14:20)
https://jp.sputniknews.com/20220327/10464602.html
https://cdnn1.img.jp.sputniknews.com/images/07e5/05/1b/8417071.jpg

★1:2022/03/27(日) 18:39:52.05
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1648389558/
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


【【戦争】アゼルバイジャン軍がロシア平和維持部隊の管轄領域に侵入、無人爆撃機バイラクタルでナゴルノ・カラバフの部隊を攻撃】の続きを読む

このページのトップヘ