クイックスポーツNEWS

クイックスポーツNEWSは、ニュース及びゴルフ、野球等の各種スポーツや政治、経済、芸能など今話題になっている事に関する情報の5ch・2hhやTwitterの声をまとめて紹介しています。
お気に入りの記事を探してみてください。

中国



(出典 p.potaufeu.asahi.com)


中国が何故尖閣に手が出せない?

1 納豆パスタ ★ :2020/07/23(木) 05:34:16.25

元海自特殊部隊員が語る「中国が尖閣諸島に手を出せない理由」
守るためなら「何でもできる」部隊
PRESIDENT Online 伊藤 祐靖 元海上自衛隊特別警備隊員
https://president.jp/articles/-/37043

三行要約
・海上保安庁の役割「君たちは、完全に包囲されている。観念して、出てきなさい」
・自衛隊の特殊部隊の役割 山地を夜間機動し、必要とあれば相手の戦闘員を殲滅
・漁民偽装兵が尖閣に上陸しても、特殊部隊にすぐ排除されるのを知ってるので上陸しない。

日本は中国から尖閣諸島(沖縄県)を守り切れるのか。
元自衛隊特殊部隊の伊藤祐靖氏は
「中国は領土的な野心をむき出しにしているが、日本には自衛隊の特殊部隊という『抑止力』がある。
 中国はそれを知っているからこそ、安易に手を出してくることはない」という??。


(出典 president.ismcdn.jp)

高速ボート(特別機動船)から銃器をかまえ、
不審船の警戒にあたる訓練をする特別警備隊(広島湾、2007年6月28日)



●コロナ禍中でも露骨な中国の野心(略)

●海上保安庁「海猿」と海上自衛隊「特殊部隊」の違い(略)

●パラシュート降下、隠密上陸、殲滅、破壊工作……(略)

●日中は尖閣で「ジャブ」を続けている(略)

●海自特殊部隊は有事になったら尖閣を守れるのか

「尖閣」有事となった場合、海自特殊部隊は、尖閣魚釣島でなにができるのか? 
これを一言でいえば、要するに何でもできる。
特殊部隊とは、孤立することを前提にしている部隊であるがゆえに、
地上、海上は無論の事、空中でも水中でも少数で機動展開する能力を有している、と先ほど書いた。

補給の必要もなく、長距離通信能力も有し、破壊力も情報収集能力もある。
その特異な能力を最も発揮できうる環境が、まさに尖閣魚釣島であり、
そうした有事に備えて存在することこそ、特殊部隊の意義なのだと思う。

先制攻撃が有利になるのは、「主導の原則」からしてまちがいない。
しかし、この部隊の存在は、先制されたとしても連続攻撃を食い止め、
形勢を一気に逆転させる可能性を相手に匂わせる。
要するに特殊部隊の存在こそが、安易には攻撃を許さない「抑止力」になりうるということだ。

同様の部隊を持つ国ほど、それをよく理解するだろう。
リアルな戦闘こそが、日中双方のもっとも避けるべきシナリオのはずだからだ。

特殊部隊の存在意義は、なんでもできる能力を保有し、
敵にすれば何をしてくるか予想がつかないと想像させる余地があってこそなのだ。

●特殊部隊が「できること」「できないこと」

この前提を踏まえると、守秘義務で具体的には書けないこともあり、
今回はあくまでフィクションのシナリオに沿って特殊部隊ができることの一端をシミュレートしてみた。
現場の隊員は、日々何を考え、何のために訓練を積み、何を願い、
何を諦めて出撃していくのか、これは自衛隊の法的立場、憲法論議とは別次元の話だ。
それが、ドキュメント・ノベル『邦人奪還:自衛隊特殊部隊が動くとき』という一冊だ。
https://www.shinchosha.co.jp/book/351992/

冒頭では、海上自衛隊特殊部隊が尖閣諸島魚釣島に隠密上陸するシーンから、はじめている。
特殊部隊であれば、任務達成上必要があるのならなんでもできるよう、
準備はしているはずだ。その「できること」の一例を実感し、今後の議論のきっかけにしていただきたい。


関連
菅官房長官「極めて深刻。毅然と対応」 尖閣周辺で中国公船100日連続確認で★2[爆笑ゴリラ★] [納豆パスタ★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1595449703/
【中国政府】日本政府に対し尖閣諸島への「漁船侵入」阻止を要求 地名変更中止も求める ★4 [ばーど★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1595220205/


【【尖閣】元海自特殊部隊員が語る「中国が尖閣諸島に手を出せない理由」 [納豆パスタ★]】の続きを読む



(出典 afpbb.ismcdn.jp)


いろんな意見がありますね。

1 ばーど ★ :2020/07/22(水) 06:57:55.11

2020年7月21日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、連日の豪雨により警戒水位を超えた中国の三峡ダムの安全性について「原子爆弾が命中しても壊れない」という専門家の見解を伝えた。

記事は、中国国営の新華社が18日に、三峡ダムについて具体的な数値を示さず「主な指標はすべて正常範囲内」であることを強調しながらも、ダムに「位置のズレ、漏出、変形など」が発生したことを認める報道を行ったと紹介した。

また、中国工程院の水資源専門家である王浩(ワン・ハオ)氏が「ダム本体に何ら問題はない。100年間は水を貯めるほど丈夫になる」とし、変形については「許容範囲内の弾性変形であり恐れるに足らない」との見解を示したこと、三峡集団のチーフエンジニア・張曙光(ジャン・シューグアン)氏も「重要なのは許容範囲かどうかであり、弾性変形を心配する必要はない」と述べたことを伝えた。

さらに、三峡ダムの安全性について中国水利発電工程学会の張博庭(ジャン・ボーティン)副事務局長が「中国軍と工事関係当局は1959~88年に三峡ダムが攻撃目標とされた場合の問題を考慮し、最終的に『最も爆発に強く、壊滅しない』というコンクリート重力型ダムを建設することで決まった」と語るとともに、「仮に原子爆弾がダムに命中しても、大きな穴が一つ開いていくつかのゲートが閉まらなくなるだけで、ダム全体が壊滅することはあり得ない」と述べたことを挙げ、これを「驚きの発言」と伝えた。

一方で、中国国外で活動する水利専門家の王維洛(ワン・ウエイルオ)氏は「恐ろしいのは本体の変形よりも、漏出の問題だ」と指摘。「ダムの閘門周辺の漏出問題は非常に憂慮すべきものであり、ひとたび崩壊すれば上海までの長江中下流域が完全に破綻することになる」とし、住民に「前もって心構えを持っておく必要がある」と呼び掛けている。(翻訳・編集/川尻)

2020年07月21日 11時20分 Record China
https://news.nifty.com/article/world/china/12181-822382/

(出典 news.nifty.com)


★1が立った時間 2020/07/21(火) 13:16:27.91
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1595314136/


【「三峡ダムは原爆が命中しても壊れない」と中国専門家 仏メディアが伝える ★3 [ばーど★]】の続きを読む



(出典 i.ytimg.com)


山峡ダム崩落 大変なことが起きそうな状況です‼️


1 ごまカンパチ ★ :2020/07/21(火) 07:59:02.16

https://www.fnn.jp/articles/-/64512
・濁流にのまれた街も・・・重慶、南京の大都市にも迫る危機
・長江だけでなく中国第3の大河でも
・被害1.3兆円か~洪水が中国政府に与える衝撃

■街が濁流に呑まれ車が船のように漂う街も
 中国の長江流域を中心に続く豪雨による洪水は収まる気配がなく、深刻な被害が出ている。
危機感は地方だけでなく主要都市でも強まっている。

湖北省恩施市では7月17日、オフィスや店が並ぶ中心部などの広範囲が濁流に呑まれた。
「車が船のように水面を漂っている・・」
SNSに投稿された映像は、街の大通りが泥水に浸かり、サイレンが鳴り響き、多数の車が水に浮かんでいる様子を捉えている。
別の撮影者は車で移動中に洪水に巻き込まれたのか、かろうじて屋根だけが水面に出ている車の上で途方に暮れ「車が流れ始めている」と恐怖を生々しく伝えた。
大通りに停まっていたとみられる複数のバスが水没し、屋根だけが見えている画像もある。
水は一気に流れ込んだとみられ、逃げ遅れた人も少なくないと想像するが、死傷者などの詳しい被害状況は伝えられていない。

湖北省武漢市をはじめとする主要都市にも危機が迫る。
中部の大都市・重慶市では市内を流れる長江の水位が警戒水位に近づいていて、ネット上では市民が
「この数日水位上昇が凄く早い。溢れそうだ」と大河の様子を伝える。
中国メディアは、市内の万州区で濁流が街を襲い、商店などに流れ込む様子や築100年の古い橋が崩壊寸前となっている様子を報じる。

江蘇省南京市では18日、長江の水位が1954年の記録を超えて過去最高となり、最高レベルの警戒態勢をとった。
川沿いの公園など冠水エリアが拡大し、危険が迫る地区の住民が避難を始めている。

■三峡ダムは水位上昇続き、中国第三の大河でも洪水危機
すでに危険な状態にある各地の状況が改善する兆しは見られない。
中国最大級の三峡ダムも、流れ込む水の量は増える一方だ。
中国メディアによるとダムの水位は、17日14時に157.11mで限界水位をすでに12m超え、翌18日14時が161.05m、20日2時が164.44mと上昇を続けている。
ダムの最高水位は175mだとされ、「あと10数mだ・・」と恐れる声がある。

19日2時時点で流れ込む水量は毎秒6万1000立方メートルに対し、排出する量は3万6200立方メートル。
ダムの水位が上昇を続けているが、放出するとただでさえ水位が上がり冠水している地域もある下流域に影響がある。
専門家は、メディアの取材に対し「増水しているがまだダムの容量には余裕があるから安全に全く影響はない」と不安の払拭に務めているが、
ネット上には心配の声も後を絶たない。

洪水の危機は長江だけではない。北側を流れる中国第三の大河・淮河でも17日、水位が警戒レベルに達し、政府は今年第1号の洪水が発生したと発表。
専門家は「大雨は数日間続く見込みで、流域の中小河川が大洪水に見舞われる可能性がある」と警告した。

■経済損失1.3兆円~対応誤れば中国政府に大打撃も
「私の店が一瞬で全てなくなってしまった。損失は2000万元(約3億円)よ・・・」
「商品があった5つの倉庫が全て流れてしまった。本当にどうしたら良いか分からない・・」
濁流に呑まれた安徽省のある街で何人もの女性店主が泣き崩れる様子が報じられている。

中国政府は今回の水害の経済損失は 861.6億元(約1.3兆円)と試算している。
中国政府にとっては新型コロナウイルスによる大打撃からの復興を目指す中での新たな打撃だ。
物流など経済活動への影響は必至で、回復し始めた経済の勢いをそぐことは避けられない。

※続きはソースで


(出典 fnn.ismcdn.jp)


(出典 fnn.ismcdn.jp)

※ソースには他にも画像あり

★1:2020/07/20(月) 22:35:15.84
前スレ
【水害】三峡ダム水位上昇、街が濁流に呑まれ車が船のように漂う 中国第三の大河・淮河も危機に 被害1.3兆円洪水が中国に与える大打撃 [ごまカンパチ★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1595252115/


【【水害】三峡ダム水位上昇、街が濁流に呑まれ車が船のように漂う 中国第三の大河・淮河も危機に 被害1.3兆円洪水が中国に与える大打撃★2 [ごまカンパチ★]】の続きを読む



(出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


またまたかの国か❗ こんな国の独裁者を国賓として迎えようとする意味が全く理解できない。

1 どこさ ★ :2020/07/21(火) 03:54:08.48

駐英中国大使、BBC番組でウイグル人の強制収用否定 ビデオを見せられ
BBC 2020年7月20日
https://www.bbc.com/japanese/video-53465253

中国の劉暁明駐英大使は19日朝、
BBC番組「アンドリュー・マー・ショー」に出演し、]
新疆ウイグル自治区でウイグル人が目隠しをされて
列車に乗せられている様子に見えるドローン映像を見せられて、
「何の映像か分からない」と述べた。

劉大使はさらに、
中国政府が新疆ウイグル自治区でウイグル人女性の不妊手術や
妊娠中絶を強制しているという現地報道を否定した。


関連
英外相、中国がウイグル人に「おぞましい」人権侵害と非難 [apricot_chan★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1595220468/


【【BBC】駐英中国大使、BBC番組でウイグル人の強制収用否定 証拠ビデオを見せられ「何の映像か分からない」と白を切る 6分13秒 [どこさ★]】の続きを読む


中国には腹が立つ。

NO.8675084 2020/07/19 00:59
沖ノ鳥島周辺で調査活動 “日本の同意必要ない” 中国外務省
沖ノ鳥島周辺で調査活動 “日本の同意必要ない” 中国外務省
中国の海洋調査船が、沖ノ鳥島周辺の日本の排他的経済水域で、事前の同意を得ずに、調査とみられる活動を行っていたことが確認され、日本側が抗議していた問題で、中国外務省は「沖ノ鳥島は島ではない」と述べ、活動にあたって日本の同意は必要ないという姿勢を重ねて示し反論しました。

この問題は、中国の海洋調査船「大洋号」が、今月9日、沖ノ鳥島周辺の日本の排他的経済水域で、日本の事前の同意を得ずに調査とみられる活動を行っていたことが確認されたものです。

これに対し、日本政府は、日本の排他的経済水域で事前の同意のない調査活動は認められないとして、海洋の科学的調査を実施しているのであればすぐに中止するよう、外交ルートを通じて中国側に抗議しました。

これについて、中国外務省の華春瑩報道官は17日の記者会見で「沖ノ鳥島は岩であって、島ではない。排他的経済水域と大陸棚を主張できるものではなく、日本側の一方的な主張は、法の根拠がないものだ」と、中国のこれまでの立場を重ねて主張しました。

そのうえで、華報道官は「公海での調査は自由で、日本の同意を得る必要はない」と述べ、日本側の抗議に反論しました。



【日時】2020年07月17日 20:41
【ソース】NHK


【沖ノ鳥島周辺で調査活動 “日本の同意必要ない” 中国外務省 - 政治・経済ニュース掲示板|爆サイ.com関東版】の続きを読む

このページのトップヘ