クイックスポーツNEWS

クイックスポーツNEWSは、ニュース及びゴルフ、野球等の各種スポーツや政治、経済、芸能など今話題になっている事に関する情報の5ch・2hhやTwitterの声をまとめて紹介しています。
お気に入りの記事を探してみてください。

オミクロン株


オミクロン対応ワクチン 特殊なんですね!

1 Stargazer ★ :2022/12/04(日) 02:55:19.54ID:cq0P4mgw9
https://president.jp/articles/-/63971?page=1

(出典 president.ismcdn.jp)


従来型の新型コロナワクチンは年内で国からの供給が終了する。今後はオミクロン株対応の新ワクチンとなるが、新ワクチンの接種対象は、年内に従来型ワクチンを接種した人に限られる。ノンフィクションライターの神田憲行さんは「ある50代の主婦は、持病でワクチン接種を見送るよう医師からアドバイスを受けていた。突然の『年内終了』に戸惑う人は少なくない」という――。

■突然の「年内終了」予告に愕然とした

 「テレビだったか新聞だったか忘れましたが、そのニュースを見たときはがくぜんとしました。コロナワクチンが年内に終了するなんて」

 と、奈良市在住の50代の主婦は憤る。彼女が接したニュースとは、厚生労働省が10月6日に掲載したこのリーフレットに対するものである。

 《初回接種(1・2回目接種)がまだお済みでない方へ》と題するこの文書にはこうある。

----------
『年内に1・2回目接種を完了することをご検討ください。』
①1・2回目接種に使用している従来型ワクチンは、年内で、国からの供給を終了する予定です。
②オミクロン株対応2価ワクチンは、1・2回目接種が完了しないと接種できません。
③年末年始の新型コロナの流行に備えましょう。計画的なワクチン接種をご検討ください。
----------

 彼女は腎臓機能の低下から、主治医より「すぐにワクチンを打たず、しばらく様子を見てからにしては」とアドバイスを受け、今までワクチン接種を見送っていた。それが突然の「年内終了」予告である。しかも1・2回目接種を受けていないと、オミクロン株対応ワクチンも打てない。

 「持病があるので、1回目を打ったあとに健康な人のようにすぐ2回目が打てるかわかりません。たぶん年内にワクチンを2回打つのは無理でしょう。そうなると、私のような者は未来永劫(えいごう)、ワクチンが打てないのでしょうか」

 このリーフレットを読んだ彼女の戸惑いはもっともだろう。

■5人に1人は2回目接種を受けていない

 しかも彼女のような立場の国民は珍しくない。首相官邸が発表しているワクチン接種回数別の内訳を見ると、「2回接種完了者」は80.4%に過ぎない。つまり接種対象者うち5人にひとりが接種をしていない(2022年11月25日現在)。

 いったいどういうことなのか、厚労省健康局予防接種担当参事官室の担当者に取材すると、次のようなことがわかった。

 まず「ワクチンの国からの供給が年内」とはどういうことなのか。

 「これは国からの供給が年内で終了することだけをお示ししたものであり、年明けでも在庫があれば、ワクチンを打つことはできます」

 どういうことか理解するために、ワクチンが私たち国民の元に届けられる仕組みを簡単に説明する。

----------
① 国が製薬会社からワクチンを購入する
② そのワクチンを、国は要望に従って各都道府県に配布(供給)する
③ 都道府県は各市町村を通じて接種券を配布、国民にワクチンが届けられる
----------

 今回、「年内で終了」と通知されたのは②の段階のものである。そして担当者が「在庫」と呼んでいるものは、すでに国から各都道府県に渡された、いわば「市中在庫」を指す。

 「『年内で終了』となったのは、国と製薬会社との契約等の事情からです。しかし各自治体での在庫は十分にあり、それがいきなり無くなるとは想定されていません」(担当者)

(略)
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1670084145/

【【コロナ】 従来型ワクチンは年内に終了…オミクロン対応ワクチンは1・2回目接種済みでないと接種できず 政府「年内に1・2回目接種を完了】の続きを読む


『塩野義製薬 コロナ薬』についてTwitterの反応


塩野義コロナ薬、巨額投資が結実 生産体制強化が課題
…厚生労働省が22日、塩野義製薬が開発した新型コロナウイルス感染症の飲み薬「ゾコーバ」を緊急承認した。新型コロナの出口戦略にも有効な抗ウイルス薬で、医…
(出典:産経新聞)


やっと日本の製薬メーカーがコロナ薬を作りました!

【【コロナ】 塩野義製薬 コロナ飲み薬承認!】の続きを読む


オミクロン株対応のワクチン接種 何故嫌うの!
接種可能期間のあやふやな対応が不安を煽った
政府はもっとしっかり国民に説明しなければならない
何もしたくないではすまされない

1 Stargazer ★ :2022/11/17(木) 23:10:13.21ID:2jTncHNQ9
 新型コロナの感染を防ぐ鍵として期待されている、オミクロン株に対応する新ワクチンの接種が進んでいない。開始からすでに2カ月近く経つが、オミクロン株対応ワクチンの接種回数はこれまで全体で1227万1194回、接種率は9.7%にとどまっているのである(首相官邸11月14日発表分)。

 従来株の成分に加え、オミクロン株の成分を含んだ2価ワクチンは現在9月20日から接種が開始されているBA.1対応型と、10月22日から開始されているBA.4-5対応型の2種類がある。いずれのワクチンも従来型ワクチンに比べ、現在流行中のオミクロン株に対し上回る効果があるとされ、2種類のワクチンの効果に大差はないとされている。

 新ワクチンの接種体制は、各自治体によりさまざまだが、接種率が低調な医療現場を千葉県内のクリニック院長がこう話す。

「今日(11月8日)のキャンセルは1人でしたが、先日は40人の予約に対し18人がキャンセルをしてきたんです。新ワクチンの接種状況は全く芳しくありません」

 この自治体では、65歳以上の高齢者に接種する医療機関と日付を指定しているにもかかわらず大量のキャンセルが出ているのだ。同自治体では、毎月医療機関が提出する接種可能な枠(人数、日付)を見て、医師のパソコンサイトに前日確定した接種者のリストを掲載。医師はそのサイトを見て当日の予約を確認し接種するシステム。

 厚生労働省はすでに新ワクチンのBA.1は配送を終え、新たにBA.4-5を各自治体に配布中だ。そのため自治体によってはBA.1しか打てないところとすでにBA.4-5に切り替わった自治体が出てきている。先のクリニック院長が新ワクチンの接種率が伸びない理由をこう言う。

「BA.4-5に切り替わってから接種するという人が予約をキャンセルしています。また、高齢者に医療機関と日付の予約を入れても、当日忘れる人がかなりいるんです。また3回接種したからもういいという人がかなり増えてきています」

 政府は新ワクチンの接種を1日100万回を目標にスタートしたが、直近(11月11日)の接種回数は49万7642回と目標の半数に満たない。厚生労働省では新ワクチン接種の遅れをどう見ているのか。

■「危機感の薄れ」の懸念

「BA.1もBA.4-5も効果は変わりません。早く打てるところから打ってほしいのですが、国民の中に重症リスクも少ないなど、ワクチンはいつでも打てるといった危機感の薄れや、緊急事態宣言解除後の規制緩和や行動制限解除でワクチン接種より楽しむ方が先、と考える人が増えてきていることが懸念されてきています」

 政府は第8波はすでに入り口まで来ているというが、オミクロン株からさらに変異した「XBB」ウイルスがシンガポールで、「BQ.1」ウイルスが米国などで広がりつつある。新たなウイルスの出現に免疫確保を最優先にしなければいけないのだが。

(ジャーナリスト・木野活明)

https://news.yahoo.co.jp/articles/179984542b685fc1a80134844521281f563e7957
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1668686605/

【【コロナ】 オミクロン株対応の新ワクチン接種率わずか9.7%…大量キャンセルのナゼ?】の続きを読む


どんな風に最悪になるの!

1 puriketu ★ :2022/11/12(土) 03:18:32.10ID:AE/w2LqL9
【インフル同時流行】
コロナ禍の過去2年は行動制限などもあり、インフルエンザは流行しなかった。そのためインフルエンザの免疫を持つ人が少なく、
今冬はコロナとの同時流行が懸念されている。政府の推計によると、同時流行が起きた場合、
ピーク時の1日あたりの感染者数はコロナ45万人、インフル30万人の計75万人に上る。

【新変異株BQ.1】
現在主流のオミクロン株「BA.5」からその亜種である「BQ.1」へと置き換わりそうなのも心配だ。
BQ.1はBA.5よりも免疫をすり抜ける力が強く、感染が広がりやすい可能性が指摘されている。
国立感染症研究所は「不確実性が高い」としながらも、BQ.1系統の割合が12月第1週には79%になると推計。
新たな変異株に置き換わるタイミングで大きな感染爆発が起こるのは幾度も経験済みだ。

【ワクチン低接種率】
特効薬がなく、病床確保に限界がある中、最大の武器はワクチンだ。ところが、首相官邸が10日に公表したデータによると、
オミクロン対応ワクチンの接種率はわずか8.2%(1026万回)にとどまる。ほぼ“丸裸”で第8波を迎え撃つのだ。

加藤厚労相はワクチンの早期接種を呼びかけているが、一方で政府は“ブレーキ”をかけている。ワクチン接種の有料化だ。
7日の財政制度等審議会(財務相の諮問機関)は、コロナワクチンの接種費用について、
来年度以降の対応として全額国費負担の廃止を提案したのだ。

「第8波に備え接種を促すタイミングで有料化を提案すれば何が起きるのか。
ワクチンが全額国費から『負担の上、接種を』となれば、国民は『別に打たなくてもいいもの』と思ってしまう。
審議会の提案が低接種率の一因なのではないか」(西武学園医学技術専門学校東京校校長の中原英臣氏=感染症学)
公明党の古屋範子衆院議員も9日の厚労委員会で「接種を促すことと矛盾する印象を国民に与えている。
このタイミングでの情報発信はいかがなものか」と苦言。第8波も後手対応では困る。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/314286

【【コロナ】 新型コロナ第8波は“史上最悪の流行”になる恐れ…「3つの悪材料」が国民を脅かす】の続きを読む


岸田さん コロナ対策 何かやってます? 全くやる気が感じられません

1 ボラえもん ★ :2022/08/20(土) 00:12:03.62ID:T/ngBHil9
いらだつ岸田首相「どうなっているんだ?」 新型コロナ対策は今
https://mainichi.jp/articles/20220819/k00/00m/010/179000c

 新型コロナウイルスの感染「第7波」による新規感染者数が高止まりし、岸田文雄首相が気をもんでいる。
自民党内からは首相の指導力発揮を求める声も漏れる。

 15日、首相はこの日午後からの夏休み入りに先立ち、朝一番で首相官邸に加藤勝信厚生労働相、松野博一官房長官ら閣僚や厚労省幹部を集め、非公開の会議を開いた。
感染状況の説明を受け、今後の感染対策を協議するためだ。

 地方では新規感染者数が過去最多を更新する自治体が相次ぐ。
会議では、このまま学校が再開する9月を迎えれば、医療提供体制がますます逼迫(ひっぱく)する恐れがあるとの見方が示された。

 政府が発熱外来の負担軽減策として打ち出した抗原検査キット配布は、この日の時点で、47都道府県のうち8自治体が未実施。
自己検査結果を自治体の「健康フォローアップセンター」などに登録する仕組みは未導入が20自治体に上った。
会議では、首相がいら立ちを見せる場面もあったという。

 首相がいら立つのは…

【【コロナ】 コロナ感染者高止まり、いらだつ岸田首相「どうなっているんだ?」】の続きを読む