(出典 i.rubese.net)


そんな商売があるの?

1 potato ★ :2021/02/07(日) 11:20:07.45

人気があるのは大卒者の*

昨春、私が*バンクと話し始めた頃には、すでにその供給量は懸念されていた。スパーム・ワールドでは確実な量を確保するのは難しい。研究者は1980年代に集められたデータを引用して、アメリカでドナー提供の*によって生まれる子供の数は年に3万人から6万人の間だと推定している。

一方、*提供擁護派は規制がないため信頼できる数字はなく、この推定数域は不適切だと言う。*バンクだけでも、2018年にはおよそ40憶ドルもの産業だったのである。
ドナーの提供*を必要とする不妊問題を抱えた異性愛者カップルが常に存在する一方で、同性婚の合法化、自らシングルマザーになることを選ぶ女性の増加で、*市場は過去10年間で拡大した。*バンクの利用者のおよそ20%が異性愛者カップルで、60%が女性の同性愛者、20%が選択的シングルマザーだという。

この需要に対応できるよう、男性たちから長年安定したペースで*提供を受けていたと*バンク数社は述べた。しかし新型コロナウィルスが状況を変えてしまった。既存ドナーたちは施設に来るのを恐れるようになり、新規ドナーの登録はロックダウンの期間中に凍結され、その後も増えない*バンクもあった。凍結した*のストックが多めにあるものの、それほど長くはもたないと話す*バンクもある。

「*提供者を集めるのはますます難しくなっています」と、カリフォルニア・クライオバンクで戦略的アライアンスを担当する副社長スコット・ブラウンは述べた。「人々はそれでも子供を持ちたがっているのです」

多くの人々はまた優秀な*を求めている。だからこそ大手の*バンク数社はトップ大学のそばにあり、カリフォルニア州パロアルトのスタンフォード大学の近くや、マサチューセッツ州ケンブリッジのハーバード大学の近くに*採取センターを有する。大学生は最も頼れるグループの一つだ。数ヵ月で約4000ドル(約42万円)と引き換えに世界中でおよそ50人の生物学上の子供を創造するカオスとなる可能性を持ち、彼らもまたそれを良い取引だとみなす。

*提供者は通常、数ヵ月間、週に1、2度*バンクに行き、数十の家族に販売するのに十分な量の*を提供する。

「勧誘活動のほとんどは男子学生の交友サークルを中心に行われますが、今はこうしたサークルが集まっていないんです」とロザンナ・ヘルツは述べた。ウェルズリー大学で女性とジェンダー研究の部門長で、*提供者の概念について論じた『ランダム・ファミリー』の共著者だ。「人々は、いわゆる大学教育を受けた*が欲しいんです」

そのため、*バンクは必死だ。ある勧誘担当者は、ジムが閉鎖されてから屋外のトレイルの入り口で宣伝活動を始めたと話した。他の*バンクの営業担当者は、*提供者を集めるため現金のボーナスをつけるよう経営陣に求めたが、上司たちは前例を作ることを危惧したのだという。

*バンクが苦労を余儀なくされるもうひとつの理由は、食品医薬品局(FDA)の厳しい規定に従う必要があるということだ。*は提供からまず6ヵ月間個別保管しなければならない。さらに*提供者は一度の採取ごとに血液検査を受ける必要があるという。

ほとんどの*バンクでは25~30家族分と、1人が提供できる*の量に制限を設けている。これは、遺伝子に懸念があった場合にその広がりを一定の範囲内にとどめるためである。*提供者についての情報は、提供を受ける家族には絶対に知らされず、番号で識別される。現在ほぼすべての*バンクが*提供者の子供時代の写真は閲覧可能にしているが、大人になってからの写真を保有しているバンクもある。

・一部抜粋、続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/909a5c5a1645f90593e8de8005ae87181cd4d930


【【完売御礼】「イケメン大卒者の精子」が“売り切れ”続出 パンデミックで枯渇する精子バンク】の続きを読む