クイックスポーツNEWS

クイックスポーツNEWSは、ニュース及びゴルフ、野球等の各種スポーツや政治、経済、芸能など今話題になっている事に関する情報の5ch・2hhやTwitterの声をまとめて紹介しています。
お気に入りの記事を探してみてください。

薬物 ・賭博


大麻使用罪、医師や弁護士らが反対署名提出「刑罰ではなく手を差し伸べることが重要」 | ニコニコニュース


何故反対するの?犯罪をおかしていいの?

大麻の取締り強化などについて議論する厚生労働省厚労省)の有識者会議「大麻等の薬物対策のあり方検討会」(担当は、厚労省医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課)が1月からおこなわれている。

一般社団法人日本臨床カンナビノイド学会と弁護士有志は5月24日厚労省医薬・生活衛生局長にそれぞれ医療利用の可能性の推進を求める要望書、使用罪創設に反対する意見書、23日までに集まった反対署名1万4761筆を提出。

提出後に厚労省記者クラブで会見を開いた正高佑志医師(日本臨床カンナビノイド学会)は「大麻に限らず、薬物使用の背後には、生きづらさがあるのでは。刑罰ではなく、手を差し伸べることが重要ではないか」などと語った。(吉田緑)

「医療用途に使うことの可能性」狭めないで

検討会では、大麻の成分であるTHC、CBDは大麻由来か化学合成かを問わず、「麻薬及び向精神薬取締法」で規制されるべきとの意見もみられた。

これまで、医療大麻に関する情報を発信し続けてきた正高医師は「規制によって、現在国内で医療用途にCBDを使用している人たちのアクセスを妨げてしまう」と危機感を募らせた。実際に、難治性てんかんの治療のため、CBD製品を必要とする人たちはいる。<「2歳児の父「息子は大麻に救われた」…海外では合法化「医療用大麻」使用求め、患者らの模索続く」>


また、THCは医療用に活用されているとし、THC含有量の基準を設けるべきだとした。

「CBDはよいもの、THCは悪いものというように善悪二元論ではなく、多くの病気に医療用大麻が使えるようになるべきです」(正高医師)

要望書には「使用に伴う罰則の制定を見送ること」も盛り込んだ。正高医師は、医療用途に使うことの可能性を狭めるほか、医療用大麻を必要としている人たちに「薬として使えない」と恐怖を与えてしまうのではないかと懸念を抱いているという。

一度できてしまった法律を変えることは非常に難しい

会見には、Change.orgで使用罪創設に反対する署名活動をおこなっていた弁護士有志のうち、亀石倫子弁護士と趙誠峰弁護士が参加した。亀石弁護士によると、薬物事件に関わり、薬物政策のことまで考えて弁護活動をおこなっている弁護士は「少数派」。弁護士会として反対することは難しいため、有志で活動しているという。

亀石弁護士は「これまで、『犯罪者』『薬物中毒者』というレッテルを貼られ、社会や家庭の中で居場所を失う人たちをたくさん見てきた」とし、刑罰をもって薬物の自己使用を規制することに反対した。


仮に使用罪が創設された場合、趙弁護士は「大麻使用罪で起訴されたときに、法律がおかしいのではないかということをしっかり議論するべき」とした。ただ、「一度できてしまった法律を変えることは非常に難しい。そうならないために、法律を作ろうとしている段階で活動しています」と語った。

使用罪が導入された場合、現実的な運用についても検討する必要があるという。亀石弁護士は、大麻を吸っていないにもかかわらず、周囲にいる人が吸ったために尿からTHCが出たケースについて「技術的にどうするのか」と疑問視する。

厚労省「何かを決めたり、合意に至ったりはしていない」

第6回検討会の議事録は5月24日13時時点では公表されていない。ホームページに公開されている第6回検討会資料「これまでの検討会における委員からの御意見」には、多様な意見が並ぶ。

大麻の使用が増えている一因として、使用罪がないために「使用しても罪にならないという誤解が広まっている」などの意見が挙がる一方、大麻による健康被害や交通事故、暴力事件などの二次犯罪が起きているかなどのデータは検証しなくてよいのかとする意見もあった。また、使用罪を創設するにしても、初犯の場合は前科をつけず、精神保健福祉センターの治療プログラムなどを義務づける提案も出されていた。

ところが、第6回の検討会(開催場所は非公開)開催後、大麻の使用罪創設に検討会で合意したという内容の報道が相次いだ。反対意見や慎重な対応を求める声なども挙がっていた中で、どのような流れで合意に至ったのだろうか。

厚生労働省監視指導・麻薬対策課の担当者は弁護士ドットコムの取材に対し、「現在は検討会の真っ只中であり、何かを決めたり、合意に至ったりということはありません」と回答した。

7回目の検討会は、5月28日に開催される予定(開催場所は非公開)。大麻の規制のあり方は引き続き検討事項となっている。

実際に提出された要望と意見

日本臨床カンナビノイド学会が提出した要望は、下記のとおり。

(1)大麻取締法第1条で定義されている現在の部位規制を廃止したうえで、諸外国にならい、THC含有量の基準を設け、基準値以下のTHC含有品種に関しては大麻と別個にヘンプとして大麻取締法の規制対象から除外し、医療利用並びに産業利用の可能性を推進すること

(2)カンナビジオール(CBD)およびCBDを主成分とする医薬品に関して、大麻取締法、ならびに麻薬及び向精神薬取締法の規制物質から除外される旨を明示すること

(3)THCおよび大麻草の将来的な幅広い医療利用を見据え、大麻使用に伴う罰則の制定を見送ること

弁護士有志が提出した意見書には、使用罪に反対する理由として、以下の3点が挙げられている。

(1)そもそも大麻は刑罰をもって使用を規制しなければならないほどの有害性があるのか、という点に関する科学的根拠が乏しい

(2)使用罪がないことと大麻の使用が増加していることとの因果関係が明らかでなく、立法事実が存在しない

(3)30歳未満の若年層に「犯罪者」「薬物中毒者」というレッテルを貼り、排除することによって得られる社会の利益よりも、弊害の方がはるかに大きい

大麻使用罪、医師や弁護士らが反対署名提出「刑罰ではなく手を差し伸べることが重要」


(出典 news.nicovideo.jp)

【【矛盾】大麻使用罪、医師や弁護士らが反対署名提出】の続きを読む



(出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


豚窃盗団のベトナム人は覚醒剤もやっているの❗

1 ばーど ★ :2020/10/28(水) 18:25:20.08

覚醒剤などの違法薬物を所持したとして、警視庁組織犯罪対策5課は28日、いずれもベトナム国籍で埼玉県川口市西川口4、職業不詳、リュウ・クアン・ミン容疑者(27)ら埼玉、群馬、大分の3県に住む22~27歳の男女10人を*特例法違反(規制薬物所持)などの疑いで逮捕したと発表した。同課は、既に逮捕・起訴されたベトナム人被告の自宅から覚醒剤約104グラム(末端価格約665万円)を押収しており、母国の指示役に従い、複数のグループが覚醒剤などを在日ベトナム人向けに営利目的で輸入したとみて調べている。

 ネット交流サービス(SNS)を通じて在日ベトナム人同士はつながっており、同課は容疑者6人が住む群馬県警などと合同捜査本部を設置し、違法薬物の売買のほか、同県太田市などで相次ぐ家畜の窃盗事件との関連も捜査する。

 逮捕容疑は今年6~10月に川口市や群馬県伊勢崎市の自宅などで、覚醒剤や合成*MDMAなどを所持したとしている。リュウ容疑者を含む男女9人は容疑を否認し、覚醒剤取締法違反(共同所持)容疑で逮捕された1人は容疑を認めているという。

 同課や東京税関は5月、ベトナムから航空貨物で届いたスニーカーの中敷きの裏に、小分けにされた覚醒剤やMDMAなどを発見。配送先だった埼玉県の3カ所を特定し、違法薬物を所持したとしてベトナム国籍の男女5人を6月に逮捕していた。違法薬物は小包としてベトナムの同じ送り主から配送されていた。リュウ容疑者は配送先を指定する日本国内のリーダー格とみられる。【柿崎誠】

毎日新聞2020年10月28日 13時30分(最終更新 10月28日 13時30分)
https://mainichi.jp/articles/20201028/k00/00m/040/100000c

関連スレ
【子豚泥棒】ベトナム語で「群馬のボス」、解体された豚や果実の写真をSNSに投稿 [ばーど★]
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1603852897/
【家畜泥棒】群馬県などの豚840頭窃盗、ベトナム人13人逮捕…床下から冷凍ニワトリ30羽分 モデルガン、牛刀、金属バットも押収 ★3 [ばーど★]
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1603766055/

★1が立った時間 2020/10/28(水) 16:01:01.24
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1603868461/


【覚醒剤所持容疑でベトナム国籍の10人逮捕 群馬県の家畜窃盗事件との関連も捜査 警視庁】の続きを読む



(出典 www.htv.jp)


えらいなことをするやつがいますね❗

【自宅で6000万円超の大麻草所持の男逮捕】の続きを読む



(出典 static.chunichi.co.jp)


賭けゴルフはいけません❗

2 名無しさん@恐縮です :2020/07/13(月) 09:25:41.12

愛甲氏が金銭感覚の違いをいっそう痛感したのは、次のようなやり取りだった。

「プレー中に原さんが、平然と『この前、車を掃除していたらトランクから100万円出てきた』と言うんだ。何のための現金かは聞かなかったけど、まるでシートの裏に10円玉が落ちていたような感覚で言うものだから……」

 肝心の勝敗については、

「俺はこの日、たしか終盤の17、18番でバーディを獲って、どうにか負けは免れたんだけど、原さんはプロ級の腕だし、気が気でなかったのを思い出す。ラウンド前にはロッカー室で、前の日にゴルフの“巨人阪神戦”でプレーした岡田(彰布)さんから『昨日はタツ(原監督)に散々やられたわ』と聞かされていたし、巨人のゴルフでは、それまでいろんな話を耳にしていたからね」

 実際に愛甲氏の著書『球界の野良犬』(宝島社)には、こんな記述がある。

〈高給取りの多い巨人のゴルフは恐怖の「ラスベガス・ルール」。(中略)大負けしたN投手など、愛車のベンツを取られたほどだ。あまりに緊張しすぎて“ゴルフ・イップス(中略)”になってしまったE投手は、クラブを振り下ろせなくなってしまったという〉

 NもEも巨人の一時代を築いた“怪物エース”。ともあれ、その恐怖のルールでのプレーを問われ「知るか」と吐き捨てていた人物が、選手会のコンペで「ラス」などと隠語めいた言い回しを口にしていたのだから不思議である。


【【プロ野球】<愛甲猛氏も証言!>「巨人・原監督」の超高額賭けゴルフ 愛車のトランクから100万円... [Egg★]】の続きを読む



(出典 amd.c.yimg.jp)


賭博行為は犯罪です。検庁の二番目が賭博行為 防省の職員は懲戒処分に比べ、あのような軽い処分 おかしい?




1 無礼なことを言うな。たかが名無しが :2020/07/13(月) 10:50:54.82

本誌(「週刊新潮」)7月2日号が報じた特集「原監督の常軌を逸した賭けゴルフ」に対し、巨人軍は“高額な賭けゴルフをした事実は一切ない”と全面否定した。が、過去はやすやすと消せるものではない。ロッテなどで活躍した愛甲猛氏が、原監督との“激闘ラウンド”を振り返った。

 ***

「俺がまだロッテの現役だった1990年代の前半、原さんと一緒にラウンドしたことがある。でも、さすが“巨人のレート”には驚かされたね」

 そう明*のは、愛甲氏本人。80年、夏の甲子園で横浜高校のエースとして全国優勝の栄誉を手繰り寄せ、同年秋のドラフト1位でロッテに入団。東海大から巨人に進んだ原監督とは「ドラフト同期」という間柄である。

 7月2日号の本誌では、原監督と十数年前から一緒にラウンドしてきた50代男性が、プレーでは「ラスベガス」と呼ばれるルールなどで100万円近くが動いていたと証言。これに対し、当の監督は、

〈俺、500円以上の賭けごとはしたことないよ〉

〈(「ラスベガス」ルールは)知るか、そんなもの〉

 などと無関係を装い、また球団も、

〈知人と「ラスベガス」などといった高額な賭けゴルフをした事実は一切ありません〉

 と、大見得を切ってみせた。が、そうした弁明も、あえなく覆されそうな気配である。というのも愛甲氏によれば、


【「巨人・原監督」の超高額賭けゴルフ】の続きを読む

このページのトップヘ