クイックスポーツNEWS

クイックスポーツNEWSは、ニュース及びゴルフ、野球等の各種スポーツや政治、経済、芸能など今話題になっている事に関する情報の5ch・2hhやTwitterの声をまとめて紹介しています。
お気に入りの記事を探してみてください。

薬物 ・賭博


高樹沙耶「人殺しはOKで大麻で犯罪って…」SNS投稿が物議「まったく理解出来ません」ドン引きの声も | ニコニコニュース


高樹沙耶 言ってますね❗

 元女優でロッジ運営の高樹沙耶がツイッターで、大麻取締法などに「使用罪」を新設しようとする動きに対し苦言。「馬鹿馬鹿しくてやってられない」と訴え、ネット上から疑問の声を集めている。

 長年、大麻合法化を訴えている高樹。2016年10月には大麻取締法違反(所持)の現行犯で逮捕され、執行猶予3年の有罪判決を受けていた。その後も、ツイッターでは大麻解禁について発信し続けている。

 >>高樹沙耶の“怖すぎる”ツイートにネット戦慄 「これが大麻のデメリットか」の声も<<

 そんな高樹だが、25日に音楽家の三宅洋平の戦争への批判に関するツイートを引用する形でツイッターを更新。「大麻も使用罪をつけたい日本、栽培も禁止なんだから、戦争も武器の製造も規制したらどうでしょう」と提案。

 さらに、「人殺しはOKで大麻で犯罪って馬鹿馬鹿しくてやってられない」と綴り、「絶望的な社会構造」と訴えていた。

 しかし、このツイートネット上からは「いつから殺人OKになったんだ…」「この人の中では人殺しがOKになの?やっぱり大麻は人をダメにする」「恐ろしいな」「どれだけ中毒性が高いか証明してくれている」「全ての思考が大麻に繋がるって怖い」「大麻栽培と武器開発を同等に語るロジックがまったく理解出来ません」というドン引きの声が集まっていた。

 その後、高樹はツイートを削除。削除した理由については明かしていない。

 なお、厚生労働省は25日、専門家委員会を開き、医療用大麻の解禁や「使用罪」の新設に向けた議論を始めたと報じられている。

記事内の引用について
高樹沙耶公式ツイッターより https://twitter.com/ikuemiroku

高樹沙耶公式ツイッターより https://twitter.com/ikuemiroku


(出典 news.nicovideo.jp)

【【大麻】高樹沙耶「人殺しはOKで大麻で犯罪って…」SNS投稿が物議「まったく理解出来ません」ドン引きの声も】の続きを読む



(出典 kumanichi.com)


悪質です。裁定がおかしかった! 元々出場資格がなかったものです。

1 フォーエバー ★ :2022/02/18(金) 02:07:59.14

 ◇北京冬季五輪第14日 フィギュアスケート女子フリー(2022年2月17日 首都体育館)

 フィギュアスケート女子でカミラ・ワリエワ(15=ROC、ロシア・オリンピック委員会)がドーピング問題に揺れる中、ジャンプでミスが相次ぎ141.93、合計224.09点で4位。シニアでの大会で初めて1位となることができず、得点が発表されると泣き崩れた

 ショートプログラム(SP)では着氷が乱れ82.16点だったが首位。冒頭の4回転サルコーは着氷したが、トリプルアクセル(3回転半)はステップアウト。4回転―3回転の連続トーループで転倒し、後半の4回転トーループでも手をついた。演技が終わると顔を覆うワリエワに、客席から大きな拍手が送られた。

 ライバルたちに勝利を諦めさせる強さから、ファンは畏敬の念を込めてワリエワを“絶望”と呼ぶ。今シーズン出場したグランプリ(GP)シリーズ2連勝、ロシア選手権、欧州選手権と出場5戦全勝でSP、フリー、合計ですべて世界最高得点をを打ち立てた。さらに、6日に行なわれた団体戦のSPでも90・45点の高得点で鮮烈五輪デビューを果たし、フリーでは女子選手として五輪で初めて4回転ジャンプを成功させ、ROCの金メダルに貢献した。

 だが、その後状況は一変。北京冬季五輪のドーピング検査を管轄する国際検査機関(ITA)は11日、昨年12月のドーピング検査で陽性反応を示したと発表。12月25日のロシア選手権(サンクトペテルブルク)で採取された検体から禁止薬物トリメタジジンが検出されたという。

 CASは13日夜、オンライン形式の聴聞会を約5時間半も開催。ワリエワ本人、暫定資格停止処分を解除したロシア反ドーピング機関(RUSADA)、提訴したIOC、世界反ドーピング機関(WADA)、国際スケート連盟(ISU)を事情聴取し、以下の「例外的な状況」で処分解除は妥当と裁定した。だが、裁定は五輪出場の可否のみで調査は継続中のため、今大会の成績は「暫定」扱いになる前代未聞の事態となった。3位以内に入った場合には、大会中のメダル授与式は行わないとも発表された。

 メンタル面も心配される中、これまで圧倒的な強さを見せつけていたワリエワも完璧な演技を見せることができなかった。

 ◇カミラ・ワリエワ 2006年4月26日生まれ、ロシア・カザン出身の15歳。09年にスケートを始め、12年に首都モスクワに移る。18~19年シーズンからトゥトベリゼ・コーチに師事。13歳で臨んだ19年ジュニアGPファイナル、20年世界ジュニアで優勝。昨季のロシア選手権はジュニアながら準優勝した。今季シニアに本格デビュー。パーソナルベストのSP90.45点(22年欧州選手権)、フリー185.29点(21年GPシリーズ・ロシア杯)、総合272.71点(同)は全て世界最高得点。昨年から5センチ身長が伸び1メートル60。

2/17(木) 23:09配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/2c062c6086d2456418fc9a3dae665e97876a9b8e

★1:2022/02/17(木) 23:16:12.00 前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1645113467/

(出典 i.imgur.com)


【✡️北京五輪 ワリエワ まさかの4位 ドーピング問題の中のフリーはミス相次ぎ泣き崩れる】の続きを読む



(出典 getnews.jp)


検索結果だけでは分からない。薬物をやっているの、いないの?

1 マシンガンチョップ(SB-Android) [RU] :2021/11/30(火) 09:44:50.45


11/30(火) 9:35
サンケイスポーツ

28日に東京・渋谷区の路上で友人のために呼んだ救急車を蹴ったとして器物損壊の疑いで警視庁渋谷署に現行犯逮捕された歌手、
鬼束ちひろ容疑者(41)が30日午前8時49分、東京湾岸署から送検された。
車両の後部座席に座り、マスク姿でうつむいていた。

鬼束容疑者は当時、現場近くで女性とパ*をしていたと説明。
女性の体調が悪くなったため、救急車を呼んで乗せるところだった。消防から「救急車を蹴られた」と通報があり、署員が現行犯逮捕した。

薬物検査の結果は陰性で飲酒もしておらず、「通行人に嫌みを言われ、パニックになった」と供述していたという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7e6d8a534c508e9208d6b605668ca3786ce51ff8


【✡️薬物 鬼束ちひろ、薬物検査結果は陰性 やはりガチな人だった】の続きを読む



(出典 sanabagun.jp)


え❗ 薬物に手を染めたの!

1 muffin ★ :2021/11/29(月) 03:01:09.81

https://www.daily.co.jp/gossip/2021/11/29/0014877257.shtml
 
 東京・JR恵比寿駅近くの路上で救急車を蹴ったとして、28日夕方に器物損壊の疑いで現行犯逮捕された歌手の鬼束ちひろ容疑者(41)に対する警視庁の調べは、29日未明に及んだ。

 29日午前0時40分ごろ、鬼束容疑者を乗せた警察車両が警視庁渋谷署に戻った。報道陣が集まり、カメラのフラッシュがたかれる中、鬼束容疑者はワゴン車の後部座席でうつむいており、表情はうかがえず。長い髪がたれた状態だった。

 警視庁は薬物検査を行うと説明し、28日午後11時前に鬼束容疑者を乗せた車が、渋谷署を出て病院に向かっていた。

 同容疑者は「通行人に嫌味を言われ、パニックになった」などと供述している。

 警視庁によると、今後、留置施設がある警視庁東京湾岸署に移送される見込み。

病院での検査を終え、うつむいて警察署に戻る鬼束ちひろ容疑者

(出典 i.daily.jp)


https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202111290000016.html
逮捕の鬼束ちひろ容疑者が渋谷署に戻る 黒マスクでやつれた様子

(出典 www.nikkansports.com)


【✡️薬物 鬼束ちひろ容疑者 病院での薬物検査終了 渋谷署に戻る 黒マスクでやつれた様子】の続きを読む


大麻使用罪、医師や弁護士らが反対署名提出「刑罰ではなく手を差し伸べることが重要」 | ニコニコニュース


何故反対するの?犯罪をおかしていいの?

大麻の取締り強化などについて議論する厚生労働省厚労省)の有識者会議「大麻等の薬物対策のあり方検討会」(担当は、厚労省医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課)が1月からおこなわれている。

一般社団法人日本臨床カンナビノイド学会と弁護士有志は5月24日厚労省医薬・生活衛生局長にそれぞれ医療利用の可能性の推進を求める要望書、使用罪創設に反対する意見書、23日までに集まった反対署名1万4761筆を提出。

提出後に厚労省記者クラブで会見を開いた正高佑志医師(日本臨床カンナビノイド学会)は「大麻に限らず、薬物使用の背後には、生きづらさがあるのでは。刑罰ではなく、手を差し伸べることが重要ではないか」などと語った。(吉田緑)

「医療用途に使うことの可能性」狭めないで

検討会では、大麻の成分であるTHC、CBDは大麻由来か化学合成かを問わず、「麻薬及び向精神薬取締法」で規制されるべきとの意見もみられた。

これまで、医療大麻に関する情報を発信し続けてきた正高医師は「規制によって、現在国内で医療用途にCBDを使用している人たちのアクセスを妨げてしまう」と危機感を募らせた。実際に、難治性てんかんの治療のため、CBD製品を必要とする人たちはいる。<「2歳児の父「息子は大麻に救われた」…海外では合法化「医療用大麻」使用求め、患者らの模索続く」>


また、THCは医療用に活用されているとし、THC含有量の基準を設けるべきだとした。

「CBDはよいもの、THCは悪いものというように善悪二元論ではなく、多くの病気に医療用大麻が使えるようになるべきです」(正高医師)

要望書には「使用に伴う罰則の制定を見送ること」も盛り込んだ。正高医師は、医療用途に使うことの可能性を狭めるほか、医療用大麻を必要としている人たちに「薬として使えない」と恐怖を与えてしまうのではないかと懸念を抱いているという。

一度できてしまった法律を変えることは非常に難しい

会見には、Change.orgで使用罪創設に反対する署名活動をおこなっていた弁護士有志のうち、亀石倫子弁護士と趙誠峰弁護士が参加した。亀石弁護士によると、薬物事件に関わり、薬物政策のことまで考えて弁護活動をおこなっている弁護士は「少数派」。弁護士会として反対することは難しいため、有志で活動しているという。

亀石弁護士は「これまで、『犯罪者』『薬物中毒者』というレッテルを貼られ、社会や家庭の中で居場所を失う人たちをたくさん見てきた」とし、刑罰をもって薬物の自己使用を規制することに反対した。


仮に使用罪が創設された場合、趙弁護士は「大麻使用罪で起訴されたときに、法律がおかしいのではないかということをしっかり議論するべき」とした。ただ、「一度できてしまった法律を変えることは非常に難しい。そうならないために、法律を作ろうとしている段階で活動しています」と語った。

使用罪が導入された場合、現実的な運用についても検討する必要があるという。亀石弁護士は、大麻を吸っていないにもかかわらず、周囲にいる人が吸ったために尿からTHCが出たケースについて「技術的にどうするのか」と疑問視する。

厚労省「何かを決めたり、合意に至ったりはしていない」

第6回検討会の議事録は5月24日13時時点では公表されていない。ホームページに公開されている第6回検討会資料「これまでの検討会における委員からの御意見」には、多様な意見が並ぶ。

大麻の使用が増えている一因として、使用罪がないために「使用しても罪にならないという誤解が広まっている」などの意見が挙がる一方、大麻による健康被害や交通事故、暴力事件などの二次犯罪が起きているかなどのデータは検証しなくてよいのかとする意見もあった。また、使用罪を創設するにしても、初犯の場合は前科をつけず、精神保健福祉センターの治療プログラムなどを義務づける提案も出されていた。

ところが、第6回の検討会(開催場所は非公開)開催後、大麻の使用罪創設に検討会で合意したという内容の報道が相次いだ。反対意見や慎重な対応を求める声なども挙がっていた中で、どのような流れで合意に至ったのだろうか。

厚生労働省監視指導・麻薬対策課の担当者は弁護士ドットコムの取材に対し、「現在は検討会の真っ只中であり、何かを決めたり、合意に至ったりということはありません」と回答した。

7回目の検討会は、5月28日に開催される予定(開催場所は非公開)。大麻の規制のあり方は引き続き検討事項となっている。

実際に提出された要望と意見

日本臨床カンナビノイド学会が提出した要望は、下記のとおり。

(1)大麻取締法第1条で定義されている現在の部位規制を廃止したうえで、諸外国にならい、THC含有量の基準を設け、基準値以下のTHC含有品種に関しては大麻と別個にヘンプとして大麻取締法の規制対象から除外し、医療利用並びに産業利用の可能性を推進すること

(2)カンナビジオール(CBD)およびCBDを主成分とする医薬品に関して、大麻取締法、ならびに麻薬及び向精神薬取締法の規制物質から除外される旨を明示すること

(3)THCおよび大麻草の将来的な幅広い医療利用を見据え、大麻使用に伴う罰則の制定を見送ること

弁護士有志が提出した意見書には、使用罪に反対する理由として、以下の3点が挙げられている。

(1)そもそも大麻は刑罰をもって使用を規制しなければならないほどの有害性があるのか、という点に関する科学的根拠が乏しい

(2)使用罪がないことと大麻の使用が増加していることとの因果関係が明らかでなく、立法事実が存在しない

(3)30歳未満の若年層に「犯罪者」「薬物中毒者」というレッテルを貼り、排除することによって得られる社会の利益よりも、弊害の方がはるかに大きい

大麻使用罪、医師や弁護士らが反対署名提出「刑罰ではなく手を差し伸べることが重要」


(出典 news.nicovideo.jp)

【【矛盾】大麻使用罪、医師や弁護士らが反対署名提出】の続きを読む

このページのトップヘ