クイックスポーツNEWS

クイックスポーツNEWSは、ニュース及びゴルフ、野球等の各種スポーツや政治、経済、芸能など今話題になっている事に関する情報の5ch・2hhやTwitterの声をまとめて紹介しています。
お気に入りの記事を探してみてください。

偏向・虚偽報道



(出典 blog-imgs-142.fc2.com)


日本メディアもCNNみたいなことをやってるのでは❗

【日本メディアも掌返し始めた? アメリカ大統領選】の続きを読む



(出典 pbs.twimg.com)


毎日新聞 やらかした?

1 名無し募集中。。。@ベクトル空間 ★ :2020/10/31(土) 00:53:52.79

https://news.yahoo.co.jp/articles/f071abd17d892e5e926d5bf484bcb281df2c66e8

馬場氏は財政局が試算した「基準財政需要額」は「都市化の程度といった態様に応じて補正する
『態容補正』を無視している」と主張。
「毎日新聞の大誤報」と強調した。
また、「それに追随して誤報を拡散した在阪メディアが訂正に走るというあっては
ならない事態が発生している」とし、「適切な対応を取るよう強く申し上げる」と語った。

 一方、維新代表の松井一郎大阪市長は大阪市内で報道陣の取材に応じ、
「まず間違ったのは財政当局だ。これは間違いない。
でも、間違った書類をそのまま掲載しているのを取り消さないメディアの方はどうなんですか」と述べた。

◇極めて遺憾
毎日新聞社社長室広報担当の話 当該記事は大阪市への適切な取材に基づいたものです。
代表質問後に市が一転して説明を変えたものであり、
馬場伸幸氏が当該記事について、
代表質問で「重大な誤報」「大誤報」と発言したことは極めて遺憾です。

【大阪都構想ミスリード問題】 毎日新聞 「『大誤報』と言われるのは遺憾 記事は市に取材にしたもので、その後市が説明を変えた」★5 [ベクトル空間★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1604061781/


【大阪都構想ミスリード問題 毎日新聞 「『大誤報』と言われるのは遺憾 記事は市に取材にしたもので、その後市が説明を変えた」】の続きを読む



(出典 i.ytimg.com)


朝日新聞らしい記事ですね。

1 どこさ ★ :2020/10/26(月) 04:35:07.76

https://www.asahi.com/articles/DA3S14670882.html
 首相は大臣に窓口になってもらうと言い、その井上信治・科学技術担当相は「首相の方で考えていただく」と逃げる。

 日本学術会議が推薦した会員候補6人の任命を菅首相が拒否した問題で、理由を明らかにするよう求める学術会議側に対し、政権は不誠実かつ無責任な態度に終始している。

 従来の国会答弁に反することをしながら説明をせず、論点を学術会議のあり方にすり替え、たらい回しで相手の疲弊を待つ。それが「国民の感覚」重視を唱える政権のやり方なのか。

 首相が最近出版した「政治家の覚悟」の中に、「『伝家の宝刀』人事権」という章がある。総務相時代にNHK改革を進めるため、消極的とみられた担当課長を更迭した逸話を披露しながら、こう書いている。

 「人事権はむやみに行使するものではありません」「更迭された当人は別にしても、まわりから支持が得られ、納得されるものでなくては、反発を招き、官僚の信頼を失うことになります」「まちがっても恣意(しい)的に利用してはなりません」

 この間(かん)の首相の振る舞いは、この戒めの明らかな逆をゆく。しかも今回は、省庁の役人とは違い、学問の自由を保障する憲法のもと、政治からの独立・中立が求められる組織の人事だ。慎重さや丁寧さがより求められるケースではないか。

 首相の本意は人事権をめぐる別の記述にあるようだ。組織を統率し、己の意のままに動*ために、手にしている大きな権限を行使するという考えだ。

 6人は前内閣に批判的な発言をしたことがある。総合的、俯瞰(ふかん)的、バランスといった聞こえのいい言葉の裏に、異論を唱える者を許さず、研究者とその集団を政権に従順なものにしようという思惑が透けて見える。

 だがそんな力ずくの手法は、まさに「反発を招き、信頼を失う」。問題発覚後の内閣支持率の下落はその表れだ。

 批判をかわそうと、政権やその支援者は学術会議の側に問題があるとの言説を流してきた。税金を使いながらまともに活動していない、税投入は日本だけだ、中国の国家事業に積極的に協力している――などだ。

 虚偽や歪曲(わいきょく)があると指摘されると、訂正したりトーンを弱めたりしたが、ネット上には、誤った情報をもとに会議を批判し、学者をことさらにおとしめる投稿が相次ぐ。フェイクニュースをばらまき、人々を誤導・混乱させた罪は大きい。

 あすから臨時国会が始まる。著書で、説明責任を果たすことの大切さにも繰り返し言及している首相が、数々の疑問にどう答えるか、注目したい。


関連

日本学術会議が北大の“学問の自由”を侵害 名誉教授は「なぜ中国を批判しない」と指摘
デイリー新潮 2020年10月21日掲載
https://www.dailyshincho.jp/article/2020/10210600/?all=1

奈良林氏はコラムに《学術会議からの事実上の圧力で、北大はついに2018年に研究を辞退した》と記した。


前スレ ★1 25(日) 14:40 [Felis silvestris catus★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1603604445/


【朝日新聞「ネット上には、誤った情報をもとに日本学術会議を批判し、学者をおとしめる投稿が相次ぐ。】の続きを読む


バイデン親子と中国の関係、その実態は? - ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
バイデン親子と中国の関係、その実態は?  ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
(出典:ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)



(出典 i.ytimg.com)


バイデンの癒着は想像を超えているの。マスコミは報じないようです。

【バイデン 癒着を報じない不気味なマスコミ❗】の続きを読む



(出典 i.ytimg.com)


トリチウムを含む処理水の海洋放出 どこの国もやっていることだそうです。

1 首都圏の虎 ★ :2020/10/17(土) 08:56:46.12

全国漁業協同組合連合会(全漁連)の岸宏会長は16日、農林水産省内で野上浩太郎農水相と会談し、東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出に改めて強い反対の姿勢を示した。

 岸氏は「風評被害の発生は必至。漁業に壊滅的な影響を与える恐れがあり反対だ」と強調。しかし、政府は月内にも海洋放出を決定する方針を固めており、漁業関係者の懸念は押し切られた格好だ。

 野上農水相は「風評を懸念されるのは当然」と全漁連の立場に一定の理解を示した。その上で、「復興に向けた漁業者の努力を妨げないことを最優先に、処理方法や風評被害対策を検討すべきだ」と述べ、全漁連の意向を関係省庁と共有する考えを伝えた。

 岸会長は15日に官房長官、環境相、経済産業相を訪問。16日は復興相も訪れ、海洋放出への反対を繰り返し訴えていた。

 背景にあるのは、いまだ払拭(ふっしょく)されていない風評が海洋放出により一段と強まることへの強い危機感だ。

 2011年の原発事故から9年たつが、福島県の漁業は本格的な操業再開に至っていない。また、中国や韓国など一部の国・地域が日本産の農林水産物に対する輸入規制を今も継続している。

 欧州連合(EU)やマカオなど、輸入規制を緩和する動きも出ているが、実際に海洋放出が始まれば再び各国・地域で規制が強化されかねない。30年に5兆円を目指す政府の農林水産物・食品の輸出目標の達成も危ぶまれることになる。 

https://news.yahoo.co.jp/articles/364059e8694f21949f6302c3419500496af6b458


【【福島第1原発】海洋放出「壊滅的影響」 押し切られた風評懸念 】の続きを読む

このページのトップヘ