クイックスポーツNEWS

クイックスポーツNEWSは、ニュース及びゴルフ、野球等の各種スポーツや政治、経済、芸能など今話題になっている事に関する情報の5ch・2hhやTwitterの声をまとめて紹介しています。
お気に入りの記事を探してみてください。

行動制限



(出典 www.sankeibiz.jp)


マスクの弊害!

1 あしだまな ★ :2022/06/30(木) 03:25:36.08
マスク外すの「恥ずかしい」 “40℃超”猛暑予想も…都心で熱中症 病院搬送192人に

気象庁は28日、九州北部、中国、四国、近畿、北陸が梅雨明けしたとみられると発表しました。いずれも、6月に梅雨明けするのは統計史上初めてで、記録的に短い梅雨となりました。

■猛暑日100地点…各地で“熱中症”

 街の人(鳥取市):「いやぁ暑いですね、きょうは」「干からびそうです」

 28日は全国で、最高気温が35度以上の猛暑日となった所が、今年最多となる100地点に達しました。

 熊本県の遊園地では、修学旅行で訪れていた高校3年の女子生徒が熱中症の症状で搬送され、一時、意識不明となりました。

 神奈川県川崎市の小学校では、理科の校外学習から帰ってきた6年生10人が熱中症のような症状を訴え、病院に搬送されました。

 4日連続の猛暑日を記録した東京都心。熱中症で病院に搬送されたのは、192人に上りました。

■マスクは「下着みたいな感じ」

 熱中症のリスクを避けるため、屋外ではマスクを外す選択肢を検討するよう、政府は呼び掛けていますが、街では28日も多くのマスク姿の人がいました。その理由を聞いてみました。

 街の人:「ちょっと(マスクは)外せないですね。外してもいいって言うんでしょうけど、なかなかそれができないですね」
「(マスクは)ずーっとしてますね。仕事でもしているし、もう本当に下着みたいな感じですよね」
「そうですね、外さない。すっぴんになっちゃうような気分になっちゃう。(メイクは)かなり薄めです」「(Q.マスクの中が?)はい」

 暑くても人前でマスクを外す行為は、恥ずかしいというのです。なかには、こんな人もいました。

 街の人:「なんか、やっぱり、皆してるからですかね」

https://news.yahoo.co.jp/articles/a582e8e70a8f37889f0ea3dba1d22f639e0f950d

【【コロナ】 猛暑でも…マスク外すの「恥ずかしい」「下着みたいな感じ」「ちょっと外せないですね」】の続きを読む


呉市議がマスク拒否で搭乗トラブル…航空会社の“憲法違反”を主張も弁護士は「正当性ある」と指摘 | ニコニコニュース


まだそんな人いる❗

代替テキスト
(写真:アフロ

飛行機の搭乗時にマスクの着用を拒否したとして、離陸前に機内から降ろされていたことが明らかになった広島県・呉市の谷本誠一市議(65)。

トラブルが起きたのは2月6日。各メディアによれば、北海道の釧路空港で航空会社「AIRDO」の旅客機知人男性と搭乗した谷本氏。客室乗務員がマスク着用を求めるも威圧的な態度で説明を遮るなどしたため、同社は「他の客の安全や健康に危害を及ぼす恐れがある」と判断し彼らの搭乗を断ったという。

谷本氏は8日午後、報道陣に向けて「マスクを推奨するのはお願いでしかなく、航空機の特権を生かして降りろというのは完全な人権侵害である」とコメント。また搭乗する際はトラブルにならないよう、「後部座席の融通をお願いしていた」という。その上で「マスクの着用の強制は憲法違反である。我々のせいで安全を阻害されたり、他の乗客に迷惑をかけたというのはお門違い」と主張している。

またFacebook上でも《航空会社の憲法違反を黙認し続ける国交省! 法治国家とは言えない!思想・信条の自由をも封殺した!》などと綴っており、谷本氏と同行したと思われる反ジャーナリストを名乗る高橋清隆氏のブログを添付している。

高橋氏のブログによると同氏の視点でトラブルの経緯が記されており、搭乗手続きの際にノーマスクである理由を問われ、《マスクに感染予防効果がないばかりか、体に有害な上、民衆を完全管理化する口実であることを知っているからです》と返答。「健康上の理由」を否定したという。

さらに彼らは係員などに「法的根拠をお示しください」と繰り返し質問し、最終的に航空会社が発行した航空法第73条の4第5項に基づく命令書を読み上げられたと明かしている。谷本氏は一連の出来事に「航空各社が憲法違反を堂々と行っている」として、国交省に行政指導を求める構えであるという。

■「憲法違反」に問われる可能性は非常に低い

航空会社の“憲法違反”を強調する谷本氏。果たしてノーマスクによる航空会社の搭乗拒否は、憲法違反に該当するのだろうか? そこで弁護士で、コロナ禍検証プロジェクトとして取材活動を行っている楊井人文氏に話を聞いた。

楊井氏は「『憲法違反』かどうかは、基本的に『公権力の行為』が問題となる場面が一般的なので、私企業である航空会社の対応が『憲法違反』に問われる可能性は非常に低いと思われます」と指摘し、今回の件について次のように続ける。

「まず前提として、現在のコロナ禍で、マスク着用が奨励されていますが、国民一般に着用の法的義務はありません。ですが、そのことは『マスク着用を拒否する自由が無条件に守られる』ことを意味するわけではありません。

私企業が『マスク着用』を条件にサービスの提供をしている場合、『条件なしにサービスを提供させろ』と要求する権利までは認められないからです。私企業にもどういう条件でサービスを提供するか決める自由があるのです」

確かに航空会社「AIRDO」では、’20年9月18日付けで「ご搭乗の際は必ずマスクをご着用ください」として次のようにアナウンスしている。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため空港をご利用されるお客様にマスクの着用をお願いしておりましたが、今後においては、エア・ドゥ便をご利用いただくお客様と社員の安全・安心を守るため、空港および、機内でのマスク着用の徹底についてお願い申し上げます。健康上の理由等、特別な理由がない限り、マスクの着用を拒否される場合は、ご搭乗をお断りすることがございます》

このようなルールがあるにもかかわらず、ノーマスクでの搭乗を強く求めたという谷本氏と高橋氏。高橋氏のブログには航空法第73条の4第5項に基づく命令書を読み上げられたと記しているが、航空会社の対応は十分に正当性があると言えそうだ。楊井氏はこう説明する。

「そもそも機長には『安全阻害行為』があった場合に飛行機から降ろすことのできる強い権限があります(航空法第73条の4)。『マスクを着けなくても安全を阻害することにならない』と思う人がいるかもしれませんが、『安全阻害行為』は、航空機内の秩序を乱したり、規律に違反する行為も含まれる広い概念なので(航空法第73条の3)、機長の権限行使は正当化されるでしょう」

果たして谷本氏は、今後どのように主張を展開していくのだろうか。



(出典 news.nicovideo.jp)

【✡️コロナ 呉市議がマスク拒否で搭乗トラブル…航空会社の“憲法違反”を主張も弁護士は「正当性ある」と指摘】の続きを読む



(出典 times-abema.ismcdn.jp)


沖縄米軍 基地外にコロナ感染させるな❗

1 朝一から閉店までφ ★ :2022/01/03(月) 06:23:56.60

毎日新聞 2022/1/2 19:45(最終更新 1/2 20:48)
 沖縄県は1日、在沖縄米軍で235人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県によると、1日当たりの感染者としては過去最多。2日には70人の感染確認を発表し、1、2両日で計300人を超えた。
玉城(たまき)デニー知事は2日、記者会見し、*でも感染が拡大しているとして「米軍が要因となったのは間違いない」と述べ、米側の対策の遅れを批判した。

 県内で広がりつつあるオミクロン株も米軍由来との認識を示し、「この年末年始を通して感染の種が市中にまかれてしまった」と述べた。

 1、2両日の感染確認について、基地別などの詳細や、オミクロン株が含まれるかどうかは不明。米軍の感染者は計3683人となった。県の集計には含めていない。

 基地内での感染拡大の要因について県の担当者は…
https://mainichi.jp/articles/20220102/k00/00m/040/145000c

関連
【玉城知事が緊急会見】沖縄全域に「感染拡大注意報」 [影のたけし軍団★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1641110108/


【✡️コロナ 沖縄基地外でも感染増「米軍が要因」 沖縄知事、米側対応を批判】の続きを読む



(出典 times-abema.ismcdn.jp)


アメリカ人は、用心深さがないですね!

【✡️コロナ 100人規模でクラスターが発生している米軍基地 「禁止されてない」と米兵たちはマスク無しで街へ 沖縄・金武町】の続きを読む



(出典 cdn-images.sakigake.jp)


早く行動制限緩和になって欲しいですね❗

1 上級国民 ★ :2021/09/06(月) 13:27:10.65


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

加藤勝信官房長官=2日、首相官邸

新型コロナ、行動制限緩和の検討急ぐ 加藤官房長官
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210906-00000038-jij-pol

 加藤勝信官房長官は6日の記者会見で、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会がワクチン接種が進んだ段階での行動制限緩和に関する提言をまとめたことについて、「政府としては専門家の意見を踏まえつつ検討を急ぎたい」と述べた。

 その上で「国民にお願いしている自粛の緩和に向けた基本的な考え方を示していく考えだ」と語った。政府は週内にも制限緩和の行程表(ロードマップ)を取りまとめる方針。


【✡️コロナ✡️ 新型コロナ、行動制限緩和の検討急ぐ=加藤官房長官】の続きを読む

このページのトップヘ