クイックスポーツNEWS

クイックスポーツNEWSは、ニュース及びゴルフ、野球等の各種スポーツや政治、経済、芸能など今話題になっている事に関する情報の5ch・2hhやTwitterの声をまとめて紹介しています。
お気に入りの記事を探してみてください。

トランプ



(出典 assets.media-platform.com)


バイデンが舐められたってこと!

1 あずささん ★ :2022/03/03(木) 08:16:45.53

ロシアによるウクライナ侵攻が続いている。元外交官で作家の佐藤優氏はアメリカのバイデン政権の「国際情勢を分析する専門家がプーチンの論理をわかっていない」、トランプ前大統領の「私が大統領ならウクライナ侵攻は起きなかった」という主張は「意外と事柄の本質を突いている」という――。

プーチンは精神を病んだのか

2月24日、ロシアのプーチン大統領はウクライナへの軍事侵攻に踏み切りました。

すべての国連加盟国は武力による威嚇や武力行使に訴えてはいけないという、戦後長らく守られてきた国連憲章第2条4項の約束事を露骨に破り、既存の国際秩序を破壊したわけですから、ロシアの責任は法的にも道義的にも大きい。ロシアの行っていることは厳しく指弾されなくてはいけません。

しかし、情勢を正確に分析するためには、ロシア側の理屈、つまりはプーチン大統領の頭の中を冷静に理解する必要があります。

米議員の中にはプーチン大統領の精神状態を危惧する声もあります。ホワイトハウスのサキ報道官は2月27日、テレビのインタビューで「(プーチン氏は)コロナ禍で明らかに孤立している」と指摘しましたが、私の見る限り、プーチン大統領はいたって冷静で孤立もしていません。

プーチンの強烈な被害者意識

プーチン大統領の演説を聞くと、ロシアは1990年代初頭から抑え込まれ、このままでは大国として生き残れなくなるという危機意識が、非常に強いことがわかります。国民に向けて行った2月24日のテレビ演説では、こう述べていました。

〈過去30年間、われわれはNATO主要国との間で、安全保障の原則について辛抱強く合意しようと試みてきた。NATOは、われわれの抗議や懸念にもかかわらず拡大し続けた。そして、兵器はロシアの国境に近づいている。なぜこんなことが起きているのか。(中略)答えは明瞭だ。1980年代後半、ソ連は弱体化し、その後崩壊した。われわれが自信を失ったのはほんの一瞬だったが、世界の力の均衡を崩すには十分だった。〉

〈これ以上のNATOの拡大やウクライナ国内に軍事拠点を構えようとする試みは受け入れられない。NATOは米国の外交政策の道具だ。〉

〈米国と同盟国にとって、これはロシアの封じ込め政策だ〉(2月24日・共同)

ソ連の崩壊によって国力が衰え、90年代から2000年代初めまでのロシアは、アメリカによって一方的な軍縮を強いられ、耐えてきた。だが、あの頃とはもう違うんだという自負は、ロシア人全体に共通するものだといえます。(以下省略)
※以下の部分はソース元にてご確認ください

ソース/PRESIDENT ONLINE
https://president.jp/articles/-/55173


【【戦争】 佐藤優 もしもアメリカがトランプ大統領のままなら、ロシアのウクライナ侵攻は起こらなかった】の続きを読む


トランプ支持する人達は運命と戦っているそうです!応援します❗

【トランプ支持会社には逆風が 運命と戦う❗ 及川幸久】の続きを読む


トランプ 再び出るか❗

【トランプ 来年の中間選挙で下院議長に❗ 及川幸久】の続きを読む


裏切り者を焙り出しているんですね。

【トランプ 共和党改革中❗ 及川幸久】の続きを読む


ハリスを大統領にすると言ってますが、国民は大統領としてハリスを選んでないのにできるの?
おかしい❗

【トランプの名前利用禁止 HARANO】の続きを読む

このページのトップヘ