クイックスポーツNEWS

クイックスポーツNEWSは、ニュース及びゴルフ、野球等の各種スポーツや政治、経済、芸能など今話題になっている事に関する情報の5ch・2hhやTwitterの声をまとめて紹介しています。
お気に入りの記事を探してみてください。

カテゴリ:行為・状態 > 反響・評判


男性からの気遣いや優しさを感じたいし、デート代を支払ってもらうことでそれが伝わる気がします

1 首都圏の虎 ★ :2024/02/18(日) 22:20:07.26 ID:v79F7Sm09
 “デート代は男が払うか、割り勘か”問題は、男女間でよく議論になるところ。男性が払うつもりでいても、女性が払うそぶりをまったく見せず、“払ってもらって当然”という顔をしているのを見るとシャクに障るものだ。なぜ女性はそんなにデート代をおごってもらいたがるのか。

 婚活事業を複合展開する株式会社IBJが、この1月5~9日にIBJネットワークで活動する男女2402人(男性1629人、女性773人)にアンケート調査を実施したところ、意外や、デート代は男性に全額支払ってほしいと思っている女性は35.6%。半数以上の64.4%は全額支払ってほしいと思っているわけではなかった。

 そして、全額支払ってほしい理由を見ると、女性がケチだから払いたくない、ということではないようだ。

「男性が払うのがマナーだと思うから」という理由は4位だが、10.4%に過ぎない。それほど多くないのではないだろうか。

 3位の「デートのために服やメイク等にお金をかけているから」というのは、納得できる部分もあるだろう。男性が想像している以上に、女性はお金がかかるのだ。

 2位は「男性の方が収入が高いから」。確かに、男女間の賃金格差をみると、男性を100としたら、女性は75.2しかないのが日本の現状。「稼いでいるお金が多いのだから、割り勘じゃかえって不平等でしょ」と、女性が考えるのもわかる気はする。

 1位は「大切に思ってくれていると感じるから」。これは5位の「支払ってもらうことで愛情を感じるから」にも通じる。女性にとって、男性の払いっぷりは、自分がどれだけ大切にされているか、愛してくれているか、のバロメーターになっているようだ。

全文はソースで 最終更新:2/18(日) 9:06
https://news.yahoo.co.jp/articles/6128f2fd2fb0cc1ac7f65943841efc3f1d4c17f4

★1 2024/02/18(日) 09:13:09.42
前スレ
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1708241061/

続きを読む


「綾瀬はるかの最新写真集が初登場8位という結果に驚きました!本田仁美との売り上げ差がわずか67部とは、まさに大接戦ですね。両者のファンの熱意が伝わってきます!お互いの応援がさらに盛り上がっていくことを期待しています!」

1 木村カエレφ ★ :2024/02/13(火) 23:12:58.24 ID:I+hXpOuD9
綾瀬はるかの最新写真集『ハルカノイセカイ 05』が1月25日に発売されたのだが、その売り上げは、あまり芳しくないようだ。

オリコン発表の週間写真集ランキング(2月5日付け)によると、彼女の写真集は初登場8位にランクイン。推定売上部数は2067部だった。

元AKB48・本田仁美のフォトブックと僅差

ちなみに綾瀬の写真集に続いて第9位にランクインしたのは、1月28日にAKB48を卒業した本田仁美の卒業記念ファーストフォトブック『明日の向こう側』。推定売上2000部で、綾瀬との差はわずか67部という結果に。

好感度抜群の国民的女優である綾瀬にしては、苦戦しているようにも思えるが、そもそも写真集の需要が減少傾向にあるのもまた事実だ。

「〝1000年に1人の美少女〟と名高い橋本環奈でさえ、セカンド写真集『NATUREL』は初週売上8560部でした。坂道グループの写真集が何万、何十万冊も売れるので、基準がおかしくなっているのが現状です」(同・ライター)

その一方、写真集を発売する度に爪痕を残しているのが深田恭子だ。

「写真集不況の中、2016年に2冊同時発売した写真集『AKUA』『This is Me』はともにオリコン週間〝本〟ランキング写真集部門で1、2位を独占。
さらに2020年発売の通算21作目の写真集『Brand new me』も、初登場7位を飾り、週間売上1.6万部を記録しています。
綾瀬も深田も所属はホリプロですが、写真集売り上げの差は歴然です」(同)

『ハルカノイセカイ』のインスタグラムフォロワーは7万人を誇る。6作目ではどのような表情を見せてくれるのだろうか。

http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1707549512/502(依頼)
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12311-2783501/

続きを読む


アメリカ このままで大丈夫なのでしょうか?

続きを読む


欧州のハイブリッド車の普及が進んでいることは好ましいですが、EVシフトの見直しの必要性も指摘されていますね。現在のEVは充電時間や航続距離に課題がありますが、技術の進歩によって解決できる可能性もあります。政府や自動車メーカー、消費者が協力して、より持続可能な交通システムを実現するために努力すべきです。

続きを読む


中国 どうなるのでしょう!

続きを読む


若年男子のセックスレスが増えているという指摘を見て、現代社会のストレスやライフスタイルの変化によって性欲が低下している可能性があることを考えさせられました。若者の恋愛や結婚観が変化している一方で、性に対する関心が薄れている傾向があるのかもしれません。

1 首都圏の虎 ★ :2024/02/07(水) 07:41:36.34 ID:eq7w/fS09
婚姻関係がありながら、性交渉が1カ月以上ないと回答した人の割合が6割を超えることが、日本人の性に関する実態調査「【ジェクス】ジャパン・*サーベイ2024」で分かった。若年男性が他世代より性への関心が際立って薄いことも判明。調査を行った専門家は「日本人の*レスが加速しており、特に若年男性は草食化を通り越し〝絶食化〟が進んでいる印象がある」と懸念を示した。

■レスカップル、前回より急増

調査は総合医療品メーカー「ジェクス」の依頼を受けた「日本家族計画協会」が実施した。平成24年から始まり、今回で5回目。昨年11月にインターネットを使って行われ、全国18~69歳の男女5029人を対象に、性への関心や悩み、性生活の実態などを聞き取った。

調査で明らかになったのは、日本人の*レスの実態だ。

調査対象者のうち、有配偶者の回答を分析したところ、1カ月以上、夫婦間で性交渉がないと答えた割合は64・2%となり、令和2年の前回調査の51・9%を大きく上回った。

調査を担った日本家族計画協会会長で産婦人科医の北村邦夫氏は、同協会が長年取り組んでいる別の性に関する調査結果も紹介しながら「婚姻関係にある人たちの*レスに歯止めがかからない状況だ」と説明した。

*レスについては、最終学歴ごとに比較する興味深い調査項目もあった。

海外大学卒の人(5029人のうち0・4%)の*レスの割合は12・9%に留まり、5~6割を占める他の学歴層の人との違いが際立った。

■コロナ禍の影響か

人との交流が敬遠されたコロナ禍の影響がうかがえる結果もあった。

性交渉の経験の有無を聞く項目について、「ない」と答えた割合は、男性が19・2%(前回13・3%)、女性16・5%(同9・4%)。男女とも各世代で前回調査を上回った。

さらに今回の調査では、若い男性の性への関心の低さも浮き彫りとなった。

「*をしたいと思いますか」という問いに、10~20代の男性で「思う」とした割合は63・4%。30~60代の各世代の男性が8割を超えるのに対して、著しく低い結果だった。

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/37bca30db6917880b6df338b16080cc7bdf1b573

続きを読む


性能 価格 サービス 全てにおいて日本車がいいでしょう!

続きを読む


河西弁護士のコメントによると、制作と原作者の間にトラブルがあり、それが脚本家にも影響を及ぼしたようですね。

1 冬月記者 ★ :2024/02/01(木) 03:44:25.70 ID:ZNuuQcq79
https://news.yahoo.co.jp/articles/10956fe462a2dea7fad1d35d70866091aee806a9

河西邦剛弁護士 「まるで原作者と脚本家の対立みたいに誤解されて…それは違う」 芦原妃名子さん急死

 芸能やエンターテインメント法務に詳しい河西邦剛弁護士(39)が31日、TBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に出演。

 ドラマ「セクシー田中さん」の原作者・芦原妃名子さんの訃報をめぐり、制作側との間に起きた問題点を解説した。

 芦原さんは、昨年10月期にドラマ化された漫画「セクシー田中さん」の作者。29日、栃木県内で死亡しているのが見つかった。

 26日にSNSで「…田中さん」のドラマ脚本を巡るトラブルを公表したばかりだった。芦原さんの投稿によると、昨年6月にドラマ化に同意。

 その際に小学館の担当者を通じ、「必ず漫画に忠実に」「ドラマオリジナルの終盤も、原作者があらすじからセリフまで用意する」などと条件をつけた。だが、そうした条件がほごにされたと主張。9、10話は自らが「書かざるを得ないと判断した」としていた。


 河西弁護士は「前提として、まるで『原作者対脚本家の対立』みたいに誤解されて、世の中では捉えられている可能性があって。だからこそ関係者への誹謗中傷に一部つながっている可能性がある。それは違うと思います」と指摘。

 「原作者の芦原先生は制作サイドに、当初から漫画に忠実に再現してほしいであったりとか、そもそも漫画が未解決で完結していない。そこについては、ドラマについても自分自身が携わらせてほしいと当初から再三伝えていたようで、制作サイドもそれでいいよと言っていた。ところがだんだん制作側と原作者の芦原先生の間でトラブルが生じて、そこに脚本家の先生が巻き込まれてしまったと。そういう状況かなと思います」と解説した。


 また、原作者の権利として同一性保持権(著作権人格権)が定められていると紹介。著作物の題号(タイトル)、内容等を勝手に改変させない権利があり、著作者のみに専属し、譲渡できない。著作者の意に反した改変だった場合は権利侵害になることもあるという。

 芦原さんは権利の主張はしていなかったとみられるが、河西氏は「原作者の権利は非常に強い。二次利用から四次利用まで、どこまでも原作者の権利は戻せることになるので、製作サイドとしては許諾をとっていくことが必要。ドラマ制作特有の誓約というもある。例えばキャスティングをどうするか、全部を10話に落とし込んでそれぞれ起承転結をつけないといけないとか、スポンサーの意向もあったりとか原作者の意向を反映させたくても板挟みというか両立が難しいというのが現実問題としてある。そこの調整がうまくいっていなかったのではないか」と述べた。

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1706721634/

続きを読む


特別養護老人ホームの存続について考えるべき時が来ているのかもしれませんね。地方では入所待機者の減少が続いており、空室が目立つ状況です。どのような解決策があるのか、ぜひ議論を深めていきましょう。

続きを読む


共通テストの問題傾向には、確かに上位層への優遇が見られたと感じます。特に塾通いをしている子どもたちは、それに見合ったレベルの問題に取り組むことができました。一方で、学力中低層の子どもたちは、全く点を取ることができなかったようです。教育格差の問題が浮き彫りになったと言えるでしょう。

続きを読む