クイックスポーツNEWS

クイックスポーツNEWSは、ニュース及びゴルフ、野球等の各種スポーツや政治、経済、芸能など今話題になっている事に関する情報の5ch・2hhやTwitterの声をまとめて紹介しています。
お気に入りの記事を探してみてください。

速報



(出典 news.tv-asahi.co.jp)


生徒会選挙に出る生徒がいじめはしないでしょう?

1 スペル魔 ★ :2021/11/26(金) 20:43:57.36

 愛知県弥富市の市立中学校で3年生の伊藤柚輝さん(14)が刺*れた事件で、殺人容疑で送検された同学年の男子生徒(14)が「生徒会の選挙で応援演説を頼まれたのが嫌だった」といった伊藤さんへの複数の不満を供述していることが、捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、男子生徒は24日に殺人未遂容疑で現行犯逮捕された直後、「いじめられていた」との趣旨の話をした。その後の調べに「嫌がらせだと感じていた」「数人の友人と話している時に(伊藤さんが)割って入ってくるのが嫌だった」などと複数の不満を口にし、伊藤さんが役員に立候補した生徒会選挙で応援演説を依頼されたことも挙げたという。

 県警による同級生からの聴取では、2人の間の目立ったトラブルは確認されておらず、市教育委員会も「把握しているいじめ事案はない」としている。県警は、男子生徒が様々な不満や悩みを募らせていた可能性があるとみて、動機を慎重に調べている。男子生徒の身柄は26日までに名古屋少年鑑別所に移された。

 同級生は逮捕された男子生徒について「おとなしいけれど、友達もいたし、落ち込んだり元気がなかったりする様子はなかった」。男子生徒の祖父は「寡黙だが、あいさつなどはきちんとできる子。私どもも何がなんだか……本当によくわからない」と声を落とした。

https://news.livedoor.com/lite/article_detail/21257433/
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1637924991/


【✡️中3刺殺 逮捕の生徒が複数の不満供述「友人と話している時に割って入ってくるのが嫌だった」「生徒会選挙で応援演説頼まれ嫌だった」】の続きを読む



(出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


帰って来るの。

1 Egg ★ :2021/11/20(土) 00:03:41.86

 「夫妻がジョン・F・ケネディ国際空港に到着するや否や、英タブロイド紙が二人の新居がマンハッタンのヘルズキッチン地区であることを写真付きで報じたり、地元紙も新居の家賃を報じるなど報道が過熱しています。

 日本のメディアから逃れるためにNYでの生活に活路を見出した二人でしたが、ここまで注目されるのは予想外だったのではないでしょうか」(皇室ジャーナリスト)


 英王室に詳しい皇室ジャーナリストの多賀幹子氏は、海外メディアの執拗さをこう語る。

 「初めて菊のカーテンを開けてNYにやってきたロイヤルカップルをパパラッチが標的にするのは当然で、可能な限り面白い写真を撮ろうとするでしょう。その中にはストーカーまがいのことをする人もいて、ダイアナ妃の交通事故死は追いかけ回してくるパパラッチを振り切ろうとして起こったものだと言われています」

 夫妻には、さらなる難関も迫っている。

 小室さんはNY州の弁護士事務所に就職したものの、7月の司法試験に不合格。本誌・週刊ポスト2021年11月19・26日号では、再チャレンジする予定の2月の試験に落ちた場合、事務所を解雇される可能性について報じた。

 そして解雇となった場合には、“日本への出戻り”すらあるという。前出の皇室ジャーナリストが語る。

 「満足のいく生活を送れる稼ぎもなく、毎日パパラッチに追われる生活に嫌気がさしてしまうことは十分に考えられます。何より、そんな娘の姿を見た秋篠宮ご夫妻が日本に呼び戻す可能性は否定できません。

さらに宮内庁関係者は、ヘンリー夫妻が米メディアに『王室内で人種差別があった』と爆弾告白したように、小室夫妻が現地メディアの取材に応じることを怖れています。目の届く国内にいてほしいのが本音でしょう」

 小室夫妻に安住の地はあるのか。

ZakZak 2021.11.19
https://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/211119/dom2111190005-s1.html

写真

(出典 www.zakzak.co.jp)


【✡️小室夫妻 <海外パパラッチの猛勢に早くも「日本出戻り」の可能性>】の続きを読む



(出典 i.ytimg.com)


そう簡単に通る試験ではないでしょう。

1 愛の戦士 ★ :2021/11/01(月) 17:59:51.93

秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さんと結婚した小室圭さんが、アメリカ・ニューヨーク州の司法試験の結果について、留学などを支援してきた弁護士に不合格だったと明かしたうえで、「再び試験にチャレンジします。努力を積み重ねていきます」と伝えたことがわかりました。

これは、小室さんが日本で勤務していた弁護士事務所の所長で、留学なども支援してきた弁護士の奧野善彦さんが、NHKの取材に対して明らかにしたものです。

奧野さんによりますと、30日午前、小室さんと電話で話した際に、小室さんが「今回の試験の結果は不合格でした。大変申し訳ございません」と述べたということです。

その上で、「来年2月の試験に再びチャレンジします。努力を積み重ねていきます」と話したということです。

奧野さんは、この時、眞子さんとも話したということで、眞子さんは、「小室さんの話をそのとおりに受け止めています」と話し、小室さんの勉強を支えていきたいという趣旨の言葉も述べたということです。

ニューヨーク州の司法試験の合格者は、29日夜、州の司法試験委員会のホームページに掲載されましたが、小室さんの名前はありませんでした。

小室さんは、ニューヨーク州のロースクールを卒業したあと、先月から州内の法律事務所で弁護士の助手として働いていて、現在は今月26日に結婚した眞子さんのパスポートやビザの取得といったアメリカに渡る準備を進めながら、東京都内のマンションで眞子さんと2人で生活しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211030/k10013328591000.html



 試験は9227人が受験し、5791人が合格。全体の合格率は63%、初めて受験した人の合格率は78%だった。また、圭さんが卒業した米フォーダム大ロースクールなど、米国内で法律の勉強をしていた生徒の初回合格率は87%というデータもある。

 NHKによると、小室さんは日本で勤務していた弁護士事務所の所長・奧野善彦氏に同日午前に電話し「今回の試験の結果は不合格でした。大変申し訳ございません」と報告。来年2月の司法試験に再チャレンジすることを明かしたという。

 26日に結婚したばかりの眞子さんは夫の不合格を受け止め、今後も「支えていく」と決意。現在パスポートを取得している最中で、渡米の意向に変更はない。

 ただし、不合格で人生プランに狂いが生じたことはたしか。小室さんはすでにニューヨークの法律事務所「L」でLaw Clerk(法律事務員)として働いているが「ドライな米国社会では司法試験に2回連続で落ちるとクビになりかねない」(米国在住ライター)という。
 しかも〝弁護士見習い〟的な位置付けのLaw Clerkですら、1年目は寝るヒマもないほどの激務だ。

「再チャレンジに向けてどうやって勉強時間を確保するのか。司法試験の合格率が初回ほど高いのはそのためで、仕事と試験勉強を両立させるのは難しい。小室さんはいきなり厳しい現実に直面したことになります」(同)

 収入の面でも弁護士と事務員では雲泥の差があり、司法試験に合格した前者なら年収2200万円程度、後者は600万年程度になる。

「夫婦の置かれた状況を考えても、来年2月の試験がラストチャンスになる可能性が高い。ここで合格できれば問題ないが、万が一ダメなようだと、日本に戻ることも考えなければいけない」(キー局皇室担当ディレクター)

 入籍後の会見で眞子さんは小室さんの留学について「前倒しして海外に拠点を作って欲しいと私がお願いしました」と語っている。〝自由の国〟アメリカで暮らしたいのは眞子さんの方なのだ。
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3761227/

★1 2021/10/30(土) 19:31:14.79
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1635754191/


【✡️眞子さん 眞子さんと結婚した小室圭さん、司法試験不合格「再びチャレンジします」】の続きを読む



(出典 urizunkei.com)


やっぱり不合格ですか。

1 愛の戦士 ★ :2021/10/31(日) 18:26:09.82

秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さんと結婚した小室圭さんが、アメリカ・ニューヨーク州の司法試験の結果について、留学などを支援してきた弁護士に不合格だったと明かしたうえで、「再び試験にチャレンジします。努力を積み重ねていきます」と伝えたことがわかりました。

これは、小室さんが日本で勤務していた弁護士事務所の所長で、留学なども支援してきた弁護士の奧野善彦さんが、NHKの取材に対して明らかにしたものです。

奧野さんによりますと、30日午前、小室さんと電話で話した際に、小室さんが「今回の試験の結果は不合格でした。大変申し訳ございません」と述べたということです。

その上で、「来年2月の試験に再びチャレンジします。努力を積み重ねていきます」と話したということです。

奧野さんは、この時、眞子さんとも話したということで、眞子さんは、「小室さんの話をそのとおりに受け止めています」と話し、小室さんの勉強を支えていきたいという趣旨の言葉も述べたということです。

ニューヨーク州の司法試験の合格者は、29日夜、州の司法試験委員会のホームページに掲載されましたが、小室さんの名前はありませんでした。

小室さんは、ニューヨーク州のロースクールを卒業したあと、先月から州内の法律事務所で弁護士の助手として働いていて、現在は今月26日に結婚した眞子さんのパスポートやビザの取得といったアメリカに渡る準備を進めながら、東京都内のマンションで眞子さんと2人で生活しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211030/k10013328591000.html



 試験は9227人が受験し、5791人が合格。全体の合格率は63%、初めて受験した人の合格率は78%だった。また、圭さんが卒業した米フォーダム大ロースクールなど、米国内で法律の勉強をしていた生徒の初回合格率は87%というデータもある。

 NHKによると、小室さんは日本で勤務していた弁護士事務所の所長・奧野善彦氏に同日午前に電話し「今回の試験の結果は不合格でした。大変申し訳ございません」と報告。来年2月の司法試験に再チャレンジすることを明かしたという。

 26日に結婚したばかりの眞子さんは夫の不合格を受け止め、今後も「支えていく」と決意。現在パスポートを取得している最中で、渡米の意向に変更はない。

 ただし、不合格で人生プランに狂いが生じたことはたしか。小室さんはすでにニューヨークの法律事務所「L」でLaw Clerk(法律事務員)として働いているが「ドライな米国社会では司法試験に2回連続で落ちるとクビになりかねない」(米国在住ライター)という。
 しかも〝弁護士見習い〟的な位置付けのLaw Clerkですら、1年目は寝るヒマもないほどの激務だ。

「再チャレンジに向けてどうやって勉強時間を確保するのか。司法試験の合格率が初回ほど高いのはそのためで、仕事と試験勉強を両立させるのは難しい。小室さんはいきなり厳しい現実に直面したことになります」(同)

 収入の面でも弁護士と事務員では雲泥の差があり、司法試験に合格した前者なら年収2200万円程度、後者は600万年程度になる。

「夫婦の置かれた状況を考えても、来年2月の試験がラストチャンスになる可能性が高い。ここで合格できれば問題ないが、万が一ダメなようだと、日本に戻ることも考えなければいけない」(キー局皇室担当ディレクター)

 入籍後の会見で眞子さんは小室さんの留学について「前倒しして海外に拠点を作って欲しいと私がお願いしました」と語っている。〝自由の国〟アメリカで暮らしたいのは眞子さんの方なのだ。
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3761227/


★1 2021/10/30(土) 19:31:14.79
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1635670516/


【✡️NHK】 眞子さんと結婚した小室圭さん、司法試験不合格「再びチャレンジします」】の続きを読む


合否 どうなっているのか分かりません❗

【✡️速報 小室圭司法試験 合格の情報も❗】の続きを読む

このページのトップヘ