クイックスポーツNEWS

クイックスポーツNEWSは、ニュース及びゴルフ、野球等の各種スポーツや政治、経済、芸能など今話題になっている事に関する情報の5ch・2hhやTwitterの声をまとめて紹介しています。
お気に入りの記事を探してみてください。

反戦



(出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


いつやったんですか!

1 ぐれ ★ :2022/03/22(火) 08:30:55.39

※2022年3月21日 月曜 午後7:50

20万人という大観衆を前に演説を行ったプーチン大統領。この演説に熱狂している群衆の中には、実はロシア政府がお金を払って動員した人も含まれているという指摘があります。

プーチン演説も…突如“コンサート映像”に切り替え
ロシアでは「クリミア併合から8年」を記念した大規模イベントが、日本時間18日にモスクワで開かれました。会場に入れなかった人を含めると、およそ20万人が参加したといいます。

そして、イベントのメインとして登場したのがプーチン大統領。大観衆の前で語ったのは。

ロシア プーチン大統領:
私たち、ロシア連邦の多民族の人民は、私たちの土地の共通の運命によって団結しています。これは、わたしたちロシア連邦憲法の一行目の文言です。

「ロシアの人民は団結している」と話し始めたプーチン大統領。

ロシア プーチン大統領:
クリミアの人々は自分たちの土地に住んでいて、歴史的な故郷であるロシアと共通の運命を生きたいと思っていました。彼らはそうする権利があり、目標を達成しました。まず、記念日に彼らを祝福しましょう。これがクリミアの人々の祝日です。おめでとう!

クリミア併合の正当性を訴え。さらに、ウクライナに軍事侵攻した理由については。

ロシア プーチン大統領:
この苦しみから、この大量虐殺から人々を救うことです。これは私たちがドンバスとウクライナで開始した軍事作戦の主な理由、動機、そして目標です。

侵攻の正当性を強調しました。

ロシア プーチン大統領:
そして、この作戦中に、我が国の男性たちがいかに英雄的に行動し、戦うかが分かります。

プーチン大統領の演説に盛り上がる大観衆。しかし、この後。

ロシア プーチン大統領:
作戦開始日は偶然にも我々の最も優れた…

演説の途中にも関わらず、突然、男性歌手のコンサート映像に切り替わったのです。一体、何が起こったのでしょうか。ロシアの内情に詳しい筑波大学の中村逸郎教授に映像を見てもらうと、こう指摘します。

続きは↓
FNNプライムオンライン: 20万人大観衆でプーチン氏大演説も映像中断の不可解…「スタッフに反戦か」専門家指摘.
https://www.fnn.jp/articles/-/334944


【【ロシア】20万人大観衆でプーチン氏大演説も映像中断の不可解…「スタッフに反戦か」専門家指摘】の続きを読む


ひどいロシア やむを得ない!

1 みの ★ :2022/03/13(日) 07:12:39.41

 ロシアのウクライナ侵攻を受け、ウクライナから避難する人たちの多くが到着するドイツで、在住ロシア人への嫌がらせが相次いでいる。一部店舗での入店拒否や学校で殴られるなどの事件が起きているが、ロシアに対する世界的な批判の高まりから、被害を受けても口を閉ざす人が多い。(蜘手美鶴)

「戦争はよくないし、もちろん反対だ。でも差別も反対だ」

 ベルリン市内で今月5日、ロシア人への差別に反対する集会を遠目に見ながら、ロシア人アレクセイさん(21)が苦々しい表情でつぶやいた。集会には100人近くが参加し、平和と差別反対を訴えていた。

 アレクセイさん自身も3月初旬、「ロシア人だから」との理由でレストランの入店を断られた。悔しい思いはあったが、「反ロシア」の世論が国際社会で高まる今、集会にも加わらず「黙って耐えるしかない」という。

 ドイツのロシア人団体によると、国内では約600万人がロシア語を話し、歴史的背景からも多くのロシア系住民が暮らしている。ウクライナ侵攻が始まって以降、ロシア人経営者の雑貨店が壊されたり、子どもが学校で殴られたりする事件も起き、地方都市ではロシア人学生による美術展が「主催者側の理由」で中止になったという。

…続きはソースで。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/165306
2022年3月12日 22時07分


【【戦争】ドイツでロシア人入店拒否、雑貨店の破壊、子供を学校で殴るなど嫌がらせ 差別反対集会も】の続きを読む



(出典 media.image.infoseek.co.jp)


プーチンの独走を国民が止めないと国が潰れる!

1 エムトリシタビン(秋と紅葉の楼閣) [US] :2022/03/01(火) 06:40:12.06


ロシアで反戦デモ拡大 拘束者は5900人超す : 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR2757C0X20C22A2000000

【モスクワ=桑本太】ロシアのウクライナ侵攻を受け、ロシアやベラルーシで抗議が広がっている。ロシアではモスクワやサンクトペテルブルクなど複数の都市で反戦デモが起き、
人権団体「OVDインフォ」によると28日朝までの拘束者数は5900人を超えた。ベラルーシでも反戦の動きが広がり、ウクライナへの軍事作戦に対する反発が強まっている。

反戦デモは50を超える都市で起きた。治安当局は相次いで参加者を拘束して抗議の拡大を抑え込もうとしている。27日は同日夜時点で2000人以上が拘束された。内訳をみると、モスクワで1000人超、サンクトペテルブルクでは700人を上回った。

反戦デモはSNS(交流サイト)を通じて呼びかけられた。参加者は「戦争反対」と書いた紙を掲げるなどして歩道を練り歩いた。バッグなどに同様の文字を書いてアピールする人もみられた。

ベラルーシでも27日の憲法改正の是非を問う国民投票に合わせて、反政権・反戦デモが起きた。

反体制派の活動家らが国民投票への反対だけでなく、ロシアの軍事作戦に協力したルカシェンコ政権に対する抗議とウクライナへの支援をネットメディアで訴えた。インタファクス通信によると、ミンスクなど複数の都市で80人以上が拘束されたという。

ロシア軍はウクライナの北、東、南の3方向から侵攻している。ロシア軍は旧ソ連時代に爆発事故を起こしたチェルノブイリ原発を制圧。首都キエフの西側を封鎖して包囲網を敷いた。ウクライナも進軍阻止へ抵抗する。

キエフではミサイルによるビルなどへの攻撃などが相次ぐ。夜間外出禁止令が発令され、シェルターに避難している市民も多い。ウクライナ政府は27日、東部ハリコフにあるガスパイプラインがロシア軍の攻撃で爆破されたと発表した。ロイター通信やウクライナメディアなどが伝えた。

ハリコフはキエフに次ぐウクライナ第2の都市。ロシア軍は攻勢を強めている。


【【戦争】ロシアで反戦デモが更に拡大 拘束者は5900人超】の続きを読む

このページのトップヘ