クイックスポーツNEWS

クイックスポーツNEWSは、ニュース及びゴルフ、野球等の各種スポーツや政治、経済、芸能など今話題になっている事に関する情報の5ch・2hhやTwitterの声をまとめて紹介しています。
お気に入りの記事を探してみてください。

フェイクニュース



(出典 i.pinimg.com)


分かる❗自分もそうなっているかも。

1 スタス ★ :2021/03/06(土) 07:07:38.59

ネットで“真実”
緊急事態宣言の解除が近づいてきた感があるが、”コロナ前”と全く同じような生活ができる日はまだ遠そうだ。日本は欧米に比べれば死者数は少ないものの、マスクの着用など、日常シーンでは引き続き警戒を続けていかなければならない。
しかしネット上では、「コロナはただの風邪」「マスコミのフェイク」などといった根拠のない情報も飛び交う。こうした情報を真に受け、人間関係にヒビが入るケースもあるようだ。キャリコネニュースに投稿を寄せた千葉県の50代女性は、

「新型コロナウイルスが原因で、実家の母と弟と大喧嘩をしてしまいました」

と切り出す。「コロナ前まではとても仲が良かったのに。こんな事になってしまい、大変悲しいです。もう以前のようには戻れない気がします」と嘆く。一体何があったのか。
「『二度と来るな!』と弟に怒鳴られました」
新型コロナウイルスの話題が連日のようにメディアを賑わせているが、女性は「マスコミは嘘をつく。真実のねじ曲げ、切り取り、大事な情報を伝えないなど信じられない」と懐疑的だ。そんな女性の情報源はもっぱらYouTube。

「マスコミが報道するコロナの情報に疑問を抱いた私は、テレビや新聞を見ないようになりました。代わりにYouTubeから多くの情報を得るようになりました」

と打ち明ける。女性にとってはYouTubeの情報だけが唯一信じられるものなのだろう。「『YouTubeで学んだり得たりした“真実と思われる情報”を教えなくては』と思い、実家の家族に伝えていました」と明*。しかし、これが仲違いの引き金になってしまった。

「実家はテレビと新聞とスマホのネットニュースだけが情報源。ネット環境はないのでYouTubeは見ていません。YouTubeの情報を教えようとしてもテレビや新聞と正反対の意見だったので受け入れられず、『二度と来るな!』と弟に怒鳴られました」

「ただ真実を共有して喜んでもらい、楽しく話をしたかっただけなのに……」
女性は「怒鳴った弟に加担して、母も一緒に私を責め立てました」と振り返る。それでも自分の信じる真実を伝えたい一心だったのだろう。

「『ひとつだけでも動画を見て』とお願いしました。でも『イヤ!見たくない!』と拒絶されてしまいました」

と大喧嘩の顛末を説明する。女性は「涙があふれ止まりませんでした。ただ真実を共有して喜んでもらい、楽しく話をしたかっただけなのに……」と胸中を吐露。「私からすれば『実家の家族が洗脳されている』と思うのですが、家族は『私が洗脳されている』と思い込んでいるようです。『私は家族から信頼されていないのだ』『少しも受け止めてもらえない』と感じ、傷つきました」と続けた。女性と家族が良好な関係を取り戻せることを願うばかりだ。

https://news.careerconnection.jp/?p=112054
※前スレ

【悲報】YouTubeで“真実”に出会った50代女性 実家で陰謀論を伝え「二度と来るな!」と怒鳴られ泣く→「家族は洗脳されている!」★6 [potato★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1614966032/


【【悲報】YouTubeで“真実”に出会った50代女性 実家で陰謀論を伝え「二度と来るな!」と怒鳴られ泣く→「家族は洗脳されている!」】の続きを読む



(出典 i.rubese.net)


バイデンはコロナワクチンに関してフェイクニュースを垂れ流している❗

【トランプ大統領は官民一致してワクチン開発をした❗ ペンスvsバイデン論争 バイデンはフェイクニュース垂れ流し】の続きを読む



(出典 i.ytimg.com)


この報道はフェイクニュースでしょう。

1 ebolanium2014 р ★ :2020/12/16(水) 03:01:09.69

※毎日新聞(ソース文末に各社見出し)

■バイデン氏が選挙人投票で過半数獲得、勝利確定 来年1月20日に大統領就任

11月3日の米大統領選で選ばれた大統領選挙人による投票が14日、全米50州と首都ワシントン特別区で行われた。各州・特別区に割り当てられた選挙人計538人のうち、民主党のジョー・バイデン前副大統領(78)が過半数の270人を上回る選挙人を確保し、勝利が確定した。

勝利確定を受け、バイデン氏は14日夜、地元の東部デラウェア州で演説する。「民主主義が勝利した」と宣言。「今こそ結束の時だ」と語り、大統領選の混乱を乗り越え、国民に融和を求める。さらに、「選挙戦を通じて私はすべての米国人のための大統領になると言ってきた。私に投票しなかった人のためにも一生懸命に職務にあたる」と語りかける。

すでに全州と特別区で、それぞれの選挙結果が認証されており、結果通りに選挙人が投票した場合、バイデン氏は306人、共和党のドナルド・トランプ大統領(74)は232人の選挙人を獲得する。

各州・特別区の選挙人による投票の結果は、連邦議会に送付される。上下両院は1月6日に合同会議を開き、送られてきた結果を正式に確認。バイデン氏は同20日に就任する。

米国の大統領選は州・特別区ごとに行われ、それぞれに割り当てられた選挙人の数を競う仕組み。11月3日に行われた一般有権者による投票は形式上、選挙人を選ぶための投票で、12月14日の選挙人による投票で、次期大統領が正式に選出される。【ワシントン古本陽荘】

毎日新聞2020年12月15日 08時04分(最終更新 12月15日 09時22分)
https://mainichi.jp/articles/20201215/k00/00m/030/011000c

(出典 cdn.mainichi.jp)


■各社見出し

米大統領選 バイデン氏 選挙人投票で過半数獲得 NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201215/k10012764741000.html

バイデン氏の勝利確定 選挙人過半数を獲得―米大統領選 時事通信
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020121500173&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

米大統領選挙人投票でバイデン氏勝利確定 共同通信
https://this.kiji.is/711346877177790464

バイデン氏、選挙人過半数確保 次期米大統領に選出へ 日経新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN14B1N0U0A211C2000000/

バイデン氏、過半数の選挙人を獲得 次期大統領に就任へ 朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASNDH2J34NDHUHBI005.html?iref=comtop_7_01

バイデン氏、米大統領選の「当選が確定」…選挙人投票で過半数獲得 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/world/uspresident2020/20201215-OYT1T50111/

バイデン氏が選挙人投票で過半数 大統領選で勝利 テレ朝
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000201300.html

【速報】米大統領選挙、バイデン氏が選挙人投票で過半数獲得 TBS
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4151344.html

バイデン氏が過半数獲得 次期大統領就任へ 日テレ
https://www.news24.jp/articles/2020/12/15/10785960.html

★1が立った時間 2020/12/15(火) 07:32:32.72
前スレ
【米大統領選】バイデン氏が選挙人投票で過半数獲得、勝利確定 1月20日に大統領就任 ★20 [ebolanium2014 р★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1608050915/


【【米大統領選】バイデン氏が選挙人投票で過半数獲得、勝利確定 1月20日に大統領就任】の続きを読む



(出典 www.news24.jp)


逆にマスコミが流したフェイクニュースです❗

1 どこさ ★ :2020/12/03(木) 06:10:06.37

【ワシントン時事】複数の米メディアによると、バー米司法長官は1日、大統領選に関し、バイデン次期大統領の勝利という結果を覆す不正の証拠は見つからなかったと述べた。トランプ大統領は敗北受け入れを拒む根拠として「大規模な不正があった」と主張しているが、司法行政トップがこれを否定したことで、さらに厳しい立場に追い込まれた。

バー氏はAP通信のインタビューで「組織的な不正があったのではないか、集計がねじ曲げられたのではないかという主張があり、司法省と国土安全保障省が調べたが、それを裏付けるものはなかった」と指摘。トランプ陣営の主張が根拠を欠いているという見解を示した。
 
トランプ陣営は、バー氏の発言を受けた声明で「司法長官に敬意は払うが、司法省はわれわれが集めた多数の(不正の)証拠を調べていない」と不満を表明。各地で起こしている法廷闘争を継続する決意を明確にした。

2020年12月02日06時39分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020120200154&g=int

(出典 www.jiji.com)


★1 2020/12/02(水) 06:53:24.19 [首都圏の虎★]
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1606931224/


【【米司法長官】大統領選で大規模不正「見つからず」、トランプ氏の主張否定】の続きを読む

このページのトップヘ