クイックスポーツNEWS

クイックスポーツNEWSは、ニュース及びゴルフ、野球等の各種スポーツや政治、経済、芸能など今話題になっている事に関する情報の5ch・2hhやTwitterの声をまとめて紹介しています。
お気に入りの記事を探してみてください。

五輪



(出典 blogimg.goo.ne.jp)


どうでしょうか?

2 ニューノーマルの名無しさん :2021/08/14(土) 13:18:15.13

>>1

立憲民主※ 枝野総理()の政策

※立憲民主→ 憲政史上最悪の政党である民主党が何回も党名ロンダした末の政党

・緊急事態条項ロックダウン反対
・自衛隊縮小
・移民政策正式化
・ワクチンはじ~っくり治験しまくってから採用
・モリカケガー
・桜ガー
・五輪経費ガー
・円高ウォン安
・半導体産業に反対
・GHQ憲法維持
・日本の軍事研究禁止
・自虐史観の継続
・長射程攻撃装備は日本が有利なるので反対
・公安の捜査権縮小
・国防予算を削減
・韓国や北朝鮮との関係改善
・中国と関係改善
・日の丸の廃止
・旭日旗の廃止
・外国人参政権の創設
・朝鮮学校無償化
・中韓技術交流の推進
・アニメ漫画規制
・外国人の福祉強化
・大学の国防技術研究を禁止
・科学予算の仕分け
・多文化共生庁の設置
・皇居取り壊してアジア平和記念館建設

,"


【【政治】枝野幸男代表「モリカケ、桜、五輪の経費すべて公開」】の続きを読む


スケボーでまた金ですか❗

【【五輪】スケボーで四十住選手が優勝🏆️】の続きを読む


五輪選手村の「ベッド」を9人同時ジャンプで破壊、イスラエル選手の法的責任は? | ニコニコニュース


馬鹿げたことをする選手がいたものです。

東京五輪の選手村のベッドジャンプする――。五輪に参加しているイスラエル代表の野球選手が、動画共有アプリTikTok」に投稿したとみられる動画が波紋を呼んだ。すでに元の動画は削除されている。

イスラエル公共放送7月28日ツイッターに掲載した動画には、まず1人の選手が1台のベッドの上でジャンプするところから始まる。1人ずつジャンプする人が増えて、9人が同時にジャンプしたあと、ダンボール製のベッドが壊れた様子が映っている。

報道によると、元の動画は26日に公開されたが、批判が相次いで、イスラエルの野球協会が問題視し、選手たちは謝罪したという。「ベッドの耐久性を試そうとしていた」というが、このような行為は法的に問題ないのだろうか。濵門俊也弁護士に聞いた。

器物損壊罪に該当するが・・・

――犯罪に問われないのでしょうか?

選手村のベッドが誰のものなのか、正確なところはわかりませんが、選手からすれば「他人の物」に該当することは明らかです。

ベッドを破壊する行為が、財物の効用を害する行為であることも明らかですから、イスラエル代表の野球選手の行為は、器物損壊罪に該当します。

ただし、器物損壊罪親告罪なので、選手村のベッドの所有者にあたる人・団体が告訴しなければ、起訴されることはありません。

――選手たちは弁償しなくてよいのでしょうか?

イスラエル代表選手は、故意に他人の所有権という権利を侵害しているといえます。不法行為に基づく損害賠償責任を負うこととなります(民法709条)。したがって、法律上は、弁償しなければならないのは間違いないです。

報道によりますと、選手村のベッドを提供するエアウィーヴ社は7月20日、「木材やスチールなど、さまざまな素材で検証した結果、段ボールが最も頑丈であることがわかりました。耐久性テストの結果、200kgまでの荷重に対応できることが実証されています」とコメントを発表しています。

エアウィーヴ社にとってはいい宣伝になったかもしれませんが、今回の代表選手たちの行為は悪質といえます。

ただ、ベッドの所有者が損害賠償請求するかどうかは、少なくとも東京五輪パラリンピック開催期間中は考えにくいです。選手たちも後悔して、謝罪されていることのようですから、おそらく請求しない可能性が高いでしょう。

【取材協力弁護士
濵門 俊也(はまかど・としや)弁護士
当職は、当たり前のことを当たり前のように処理できる基本に忠実な力、すなわち「基本力(きほんちから)」こそ、法曹に求められる最も重要な力だと考えている。依頼者の「義」にお応えしたい。
事務所名:東京新生法律事務所
事務所URLhttp://www.hamakado-law.jp/

五輪選手村の「ベッド」を9人同時ジャンプで破壊、イスラエル選手の法的責任は?


(出典 news.nicovideo.jp)

【【五輪】選手村の「ベッド」を9人同時ジャンプで破壊、イスラエル選手の法的責任は?】の続きを読む


よく頑張ってくれました👋😃

【【五輪】卓球女子団体】の続きを読む



(出典 www.asahicom.jp)


みんな慎重な行動をとり。感染を押さえよう❗

1 影のたけし軍団 ★ :2021/07/31(土) 10:19:41.40

東京五輪で日本勢の快進撃が続いている。新型コロナウイルスの感染対策に万全を尽くし、
無事閉幕を迎えられるよう、一層、緊張感を持って運営に努めねばならない。

競泳の大橋悠依選手は、個人メドレーの400メートルに続き、200メートルでも金メダルに輝いた。
1大会での2冠達成は、夏季五輪の日本女子選手では史上初だ。

卓球でも初の金メダルを獲得した。今回から新種目となった混合ダブルスで、
同郷の水谷隼、伊藤美誠両選手のペアが、息の合ったプレーで中国を打ち破った。悲願を達成したことは誇らしい。

国内最年少の13歳でスケートボード女子ストリートを制した西矢 椛選手や、
体操男子個人総合で優勝した橋本大輝選手など、若きアスリートも次々と明るいニュースをもたらしている。

今大会の金メダルは、過去に16個だった最多記録を前半戦で更新した。
メダル獲得が相次ぐ柔道も含め、選手の活躍に元気をもらっている人は少なくないはずだ。

活躍しているのは、日本勢だけではない。重量挙げ女子では、フィリピンの選手が初めての金メダルを獲得した。
バミューダ諸島(英領)も初の金メダルに沸いている。奮闘する海外の選手たちにもエールを送りたい。

気がかりなのは、新型コロナの感染状況だ。国内の新規感染者数は過去最多を更新した。
緊急事態宣言の対象は埼玉、千葉、神奈川、大阪の4府県にも拡大され、期間も8月末までとなった。

度重なる緊急事態宣言による自粛の緩みやワクチン接種の遅れに加え、
感染しても重症化しないと安易に考える若者が増加していることも問題だ。

一部には、こうした感染拡大と五輪開催を結びつける意見があるが、筋違いだろう。

今大会は、感染防止を最優先に、大半が無観客で開催されている。
これまで、競技会場や選手村で大きな集団感染は起きていない。無観客という苦渋の選択が奏功していると言えよう。

選手らは、競技会場や選手村などの決められた場所だけを移動するという厳しい制限の中、全力で競技に臨んでいる。

もとより感染防止策をさらに徹底させる努力は必要だが、拡大の原因を五輪に求めるのは、選手たちにも失礼ではないか。
https://www.yomiuri.co.jp/editorial/20210730-OYT1T50388/


【【コロナ】 コロナ感染拡大、五輪のせいではない、筋違いだ ワクチン接種の遅れ】の続きを読む

このページのトップヘ