クイックスポーツNEWS

クイックスポーツNEWSは、ニュース及びゴルフ、野球等の各種スポーツや政治、経済、芸能など今話題になっている事に関する情報の5ch・2hhやTwitterの声をまとめて紹介しています。
お気に入りの記事を探してみてください。

女性


『女性 一瞬で惚れる』についてTwitterの反応


上手い会話ですね!

【【恋愛】女性が一瞬で惚れる魔法のトーク❗】の続きを読む


『恋愛にご無沙汰 女性の特徴』についてTwitterの反応


なるほどですね!靴を見れば分かるのですね。

【【恋愛】恋愛にご無沙汰な女性の特徴! まきの部屋】の続きを読む


おぞましい中国農村の実態が明るみに、首輪につながれた女性の「暗黒の来歴」 | ニコニコニュース



(福島 香織:ジャーナリスト

JBpressですべての写真や図表を見る

 以前、 本コラムで取り上げた「徐州の首輪につながれた農村女性」の正体について、江蘇省が調査結果を発表し、その全貌がようやく整理できたので、続報を紹介したい。

 中国農村における「嫁買い」と虐待は今に始まる問題ではないが、今の中国のいびつさを象徴する事件だと思う。この事件の本質はどこにあるのか。そして、江蘇省政府調査結果の発表で落着するのか。

彼女は一体何者か?江蘇省政府が調査に乗り出す

 まず事件のおさらいから。

 現場は江蘇省徐州市豊県歓口鎮の農村。ここで楊慶侠という女性が首を鎖につながれ襤褸小屋で虐待されている様子の動画が1月末ごろネット上で流れ、誘拐されて農村に売られた花嫁ではないか、と世論が騒然となった。

 気温0度前後の環境のなか、彼女は十分な衣服も与えられず、はだしで、言葉もきちんとしゃべれず脳や精神に障害をもった様子で、歯もなかった。

 夫の董志民は動画の中で、1998年に自分が33歳のとき、親から与えられた嫁であり、8人の子供がいることなどを語っていた。中国の農村では、長年の一人っ子政策(中国の人口抑制政策。1970年代から2015年まで継続)により、結婚適齢期の男女比不均衡が深刻で、農村の男余り解消を目的に、女性の人身売買が普通に行われてきた。とくに90年代の徐州は、「農村の嫁」売買が活発に行われることで知られた土地柄であった。農村に売られてきた嫁は、抵抗すればひどい暴力を振るわれ、体や心に傷を負っていることが多く、鎖でつながれた楊慶侠はまさしく誘拐され農村に売られてきた嫁のイメージ通りの姿だった。

 彼女は一体何者か、という世論の追及に応える形で、豊県が二度にわたって公式発表したが、いずれも出鱈目であったことがほどなく暴かれた。豊県の上級政府の徐州市が調査した結果、彼女は雲南省福貢県亜谷村のリス族の女性、小花梅である、とした。だがそれでも中国世論が納得しなかった。事情を知っていると自称する人物が「彼女は夫・董志民だけでなく、夫の弟や夫の父親、3人の男たちの性処理の道具にされていた」とか「連れて来られたときは英語も話せる中学生だったが性暴力を受けた末、今のような有様になった」とか「楊慶侠と小花梅は異なる人物で、董志民は複数の嫁を買っていたのだ」とか、もっともらしい情報をネットに書き込んだこともあって、ネット世論は紛糾した。

 また、中国の一部独立系メディアの記者やセルフメディアの運営者が亜谷村に取材にいき、真相に迫ろうとした。だがこうした取材は地元警察に阻まれ、豊県に突撃取材した2人の女性ネットユーザーが警察に殴られ、挑発罪で逮捕されるなどの事件も起きた。

 さらに中国でも人気のある在米華人作家の厳歌苓や、在米の元人民大学副教授の周孝正ら知識人が「習近平は人身売買ブローカーだ」といった発言をしたり、また北京大学卒業生100人が実名署名して徹底調査求めた公開書簡を出したり、中国のフェミニズム団体の全国婦人連合がこの問題について言及しないことを批判するなど、事件に対する批判の矛先は当事者たちや一地方の政府にとどまらなくなってきた。米国・ニューヨークタイムズスクエアでは中国人留学生が事件を告発するアクションを起こすなど、在外華人にも影響は広がった。

 ネット上では当局がこの事件に関する言論や情報を必死で削除するも追いつかず、反習近平派が、社会の関心が高いこの問題を3月初旬に開幕する全人代で取り上げて、さらに世論を習近平批判に誘導するのではないか、という憶測も流れた。

 そうしたなか、習近平に忠実な呉政隆が書記を務める江蘇省政府は、世論の炎上を鎮静化させようと2月17日に調査に乗り出した。

 関係者およそ4600人から聞き取りを行い、1000以上の文書を読み込み、DNA検査などハイテクも駆使して、真相を突き止め、このほど新華社やCCTVなどのメディアを通じて、これが「確定」という結論を打ち出したのだという。

「息子の嫁」として買われた

 その結論は次の通りである。

(1)2022年1月27日SNS上に「豊県で8人の子供を生んだ女性」に関する動画が流れた。その中に登場する女性は戸籍上、楊慶侠という名で、夫は董志民。2000年6月に村に提出された婚姻登記申請資料によれば、楊慶侠は雲南省福貢県亜谷村出身で、小花梅というリス族女性。両親はすでに亡くなっていたが、調査チームは河南省で異母妹を見つけ出し、DNA検査によって小花梅と楊慶侠が同一人物であるとの確証を得た。小花梅の親族のDNAとも照合し、楊慶侠との血縁関係を証明した。豊県で鎖につながれていた女性は、1977年5月13日に雲南省福貢県で生まれたリス族女性、小花梅である。

 またネット上で、楊慶侠が四川省の失踪少女・李瑩ではないか、という噂が流れていたが、李瑩の母親のDNAとの対比検査から、別人であるとの確証を得た。

(2)小花梅は母親の再婚にともなって1980年に亜谷村に移住。1995年に雲南省保山市に嫁いだが、2年後に離婚し、実家に戻ってきた。その時、すでに精神疾患を患っていた。

 1998年初、福貢県出身で江蘇省東海県に嫁いでいた女性(以降、その姓の「桑」と呼ぶ)が夫(以降、その姓の「時」と呼ぶ)とともに、小花梅を江蘇省東海県に「病気治療」の建前で連れてくる。だがそれは、1997年暮れ、東海県の徐という男性から「嫁を買いたい」という相談を受けての人身売買だった。桑と時は徐に5000元で小花梅を売り渡した。

 小花梅は1998年5月に徐のもとから失踪。徐は時に対し、逃げた嫁の賠償金として2000元を返すように要求していた。桑・時の夫婦は2000年12月、別件の人身売買事件で逮捕・起訴され、桑は懲役5年、時は懲役7年の判決を受けていた。2022年2月6日、桑・時夫婦は再度、小花梅誘拐人身売買の容疑で逮捕、立件されている。

 失踪した小花梅は1998年6月、歓口鎮の住民の劉という人物によって、董志民の父親に売られた。董志民の父親は「息子の嫁」として小花梅を買ったのだった。劉は同じ歓口鎮の2人の男性(2人とも姓は「霍」)から小花梅の転売を頼まれていた。2人の霍は、河南省夏邑県のホテルの近くの工事現場に従事する労働者。ホテル経営の夫婦が、流浪していた小花梅を保護したのち、この2人の労働者に売り渡していた。そののち、この2人の労働者が故郷に小花梅を連れて帰り、劉に小花梅の転売を依頼した、という。この小花梅の転売にかかわる4人の犯罪行為についてはまだ取り調べが続いている。

 小花梅は楊慶英という名前が与えられ、1998年6月から董志民の妻としての生活が始まり99年に第一子長男を出産。その後の2000年6月に正式に婚姻登記をしたが、その時登記日を1998年8月2日とし、名前も楊慶侠に変えた。また楊慶侠の出生日も1969年6月6日に変えた。2011年に第二子を出産したとき、妊婦の登記情報が楊慶英であったので、衛生当局が妊婦の身分証明書の提出を要請したとき、董志民の父親は、楊慶英の偽の身分証明書を偽造して提出していた。

(3)楊慶侠こと小花梅の精神疾患は、村民の証言によれば、1998年6月当時はまだ生活の基本的なことは自分ででき、人との交流や笑うこともできたという。また自分の故郷が雲南省の亜谷村であることも話せ、長男の学校の送り迎えもできた。だが第三子を2012年に生んだのち、症状が悪化したという。2022年1月30日に徐州市の病院に収容された。専門医の診断によれば精神分裂症(統合失調症)という。2月20日、江蘇省公安庁の委託で中国政法大学証拠科学研究院による鑑定が行われたが、結論は一致しており、目下、専門病院で治療を受けているという。

 彼女が歯を失ったのは、専門医の検査によれば、長期の衛生状態の悪さによる歯周病が原因とされた。

(4)楊慶侠こと小花梅と董志民がもうけた8人の子供はDNA鑑定の結果、全員、2人の間の子供であると結論づけられた。長男が1999年7月に生まれたのち、小花梅は避妊リング措置を受けていた。だが2011年に避妊リングの効果が失われ、第二子を出産。2012年に第三子、2014年に第四子、2016年に第五子、2017年に第六子、2018年に第七子、2020年に第八子を産んだ。2012年以降の出産については地元計画生育委員会職員の怠慢として責任が問われる模様だ。

(5)夫・董志民は2017年ごろから、病気で発作を起こす小花梅を鎖でつなぐようになった。病人を医者に見せず鎖でつなぐ行為は虐待行為であり、虐待および婦女誘拐、人身売買への共犯の面でも取り調べを受けているという。

(6)目下、徐州市と豊県は楊慶侠を病院で保護し、治療を受けさせているほか、長子も保護。また未成年の子供たちに関しては専門チーム「愛心ママ」を設置してケアに当たっている。

(7)規律検査委員会および監察委員会は、徐州市の党委員会と政府の責任を追及し、法に基づく処理を行うとしている。また豊県書記の婁海は規律違反、形式主義、官僚主義の責任を負わない職務態度や一人っ子政策の監督不行き届きを批判され、免職処分となった。その他、十数人の豊県幹部が免職など厳しい処分を受けている。

中国の農村には何人の楊慶侠がいるのか

 以上が調査結果であり、おそらくかなり真相に近いだろう。ただ、同じ村にいたもう1人の虐待されていた「農村嫁」の事件、あるいはこの地域で広く行われて人身売買と徐州当局との関わりまでは切りこまないようだ。自分を守ることのできない女児や女性が、性処理や子供を生む道具として転売される農村の事情は、私が2000年代に見てきた中国の農村そのままであり、これが決して極めて珍しい事件ではないことを知っている。そもそも農村で、嫁を買ったり、虐待したりすることが「悪事」という認識も行き渡っていないだろう。

 実際、最初に董志民を「8人の子持ちの父親」として動画を上げたのは長男であったと深圳衛星テレビが報じている。12月TikTokでこの動画を上げ、子供用衣類などの寄付を受けていたという。だが1月になって中国ネットユーザーが、この動画に登場する母親の姿があまりにひどいことに気づき、虐待されているといったコメントをつけて転載してから風向きが変わった。湖北日報系の動画メディア「極目新聞」や独立系「澎湃新聞」などが取材し始め、この母親、楊慶侠への虐待ぶりがはっきりしてきたのだ。

 習近平はすでに絶対的貧困はなくなった、と「脱貧困」を宣言している。新型コロナ肺炎を「ゼロコロナ」政策で徹底的に封じ込めて、冬季五輪を成功させた。AI付き監視カメラで、新彊ウイグル自治区のウイグル知識人や実業家たちを見張り、いつもと違うルートで帰宅しただけですぐに警官が駆けつけて取り調べたりできるほど、監視社会化が進んでいる。なのに、2020年段階ですら年間100万人以上の失踪者が出て、うち20万人が子供であるという状況が放置されている。中国社会に問題があることを暴露しようとする言論の監視、削除は何千万人ものマンパワーを動員して行うのに、失踪者の捜索、救出にはその10分の1も労力が割けないのはなぜか。

 長男が「8人の子育てに奮闘する父さん」を撮影したTikTok動画を上げなければ、今も楊慶侠は鎖でつながれたままだっただろう。そして中国の農村にいったい、何人の楊慶侠がいるのか。

 こうした事件において「一番の悪いのは誰だ?」という問いかけを米メディアラジオフリーアジア」がツイッター上で行ったところ、5000人以上の回答があり8割以上が「中国政府と中国共産党体制」と回答した。問題の本質を、農村の伝統的嫁買い風習だとか、人身売買組織だとか、嫁を買う男よりも中国政府と中国共産党体制に求める回答が圧倒的に多かった。

 私もまったくもって同意する。社会の身近で残酷な問題を解決するのに必要なのは、強権政治による貧困撲滅でも、ハイテク監視でもなく、言論の自由、報道の自由しかない。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  この5年間は何だったのか!文在寅を支持した韓国ライターの悔恨

[関連記事]

五輪前の中国で騒然! 首輪につながれた農村女性の正体は

韓国大統領選、尹錫悦「私が勝てば現政権の積弊追及」で文在寅がパニックに

写真はイメージです


(出典 news.nicovideo.jp)

【【驚愕】おぞましい中国農村の実態が明るみに、首輪につながれた女性の「暗黒の来歴」】の続きを読む


『男性に 恋愛感情』についてTwitterの反応


よく覚えておきましょう❗

【【恋愛】女性が男性に恋愛感情を抱いたときに言う言葉❗』についてTwitterの反応】の続きを読む


『好きな男性 告白されたい』についてTwitterの反応


告白のタイミングはこれです❗

【【恋愛】 好きな男性に告白されたい女性が出すサイン❗ ミチの雑学】の続きを読む

このページのトップヘ