クイックスポーツNEWS

クイックスポーツNEWSは、ニュース及びゴルフ、野球等の各種スポーツや政治、経済、芸能など今話題になっている事に関する情報の5ch・2hhやTwitterの声をまとめて紹介しています。
お気に入りの記事を探してみてください。

安倍元総理



(出典 www.jimin.jp)


安倍さんが 大規模な財政出動を訴えていますね❗コロナを脱出してデフレにならないように政府はしっかり舵をとって欲しいです。

1 ボラえもん ★ :2021/07/03(土) 00:05:20.17

 自民党の安倍晋三前首相は2日、北海道小樽市で講演し、日本経済について「油断すればまたデフレに戻ってしまう状況にある。
直ちに円高になっていく危険性も背中合わせだ」との危機感を示した。
さらに安倍氏は「V字回復していく上で、もうワンショット、大きな対策、財政出動を考えなければならない」と強調した。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021070201181&g=pol

★1が立った時間:2021/07/03(金) 22:26:49.05
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1625232409/


【【経済】安倍晋三氏「油断すればまたデフレになる。大規模な財政出動が必要だ」】の続きを読む



(出典 i.ytimg.com)


反日的な人 オリンピックに反対している 当たり前でしょう❗日本国を落とし込めることが目的ですから。

1 ramune ★ :2021/07/02(金) 02:49:39.92

 安倍晋三・前首相が元気ハツラツだ。東京都議会議員選挙が告示された25日には
首相退任後はじめて自民党候補の応援に駆けつけてマイクを握ったかと思えば、秋に控えた総選挙に向けて全国行脚までスタート。
一方、自身のTwitterアカウントでは、赤木俊夫さんが遺した「赤木ファイル」の一文を切り取って自己正当化を図るという下劣な投稿をおこなったばかり

(中略)
「この「共有する」、つまり国民が同じ想い出を作ることはとても大切なんです。同じ感動をしたり、同じ体験をしていることは、
自分たちがアイデンティティに向き合ったり、日本人としての誇りを形成していくうえでも欠*ことのできない大変重要な要素です」

「日本人選手がメダルをとれば嬉しいですし、たとえメダルをとれなくてもその頑張りに感動し、勇気をもらえる。
その感動を共有することは、日本人同士の絆を確かめ合うことになると思うのです」
「(前回の東京五輪では)日本再デビューの雰囲気を国民が一体となって感じていたのだと思います」

 自身が繰り返してきた「復興五輪」「人類がコロナに打ち勝った証」というフレーズはどこへやら。
ようするに、安倍前首相にとって東京五輪の開催は「日本人としての誇りを形成」「日本人同士の絆を確かめ合う」「日本再デビュー」などという
全体主義、国粋主義のためのものでしかないのだ。その上、北京冬季五輪の前に日本で開催することに「歴史的な意味がある」「日本には責任がある」って、
そんなネトウヨの威信のために国民の命と安全を引き換えにしようとは、たまったものではない。

(中略)
安倍前首相はこのように語ったのだ。
「極めて政治的な意図を感じざるを得ませんね。彼らは、日本でオリンピックが成功することに不快感を持っているのではないか。
共産党に代表されるように、歴史認識などにおいても一部から反日的ではないかと批判されている人たちが、今回の開催に強く反対しています。
朝日新聞なども明確に反対を表明しました」

 東京五輪の開催に反対する意見が多いのは、感染拡大や医療提供体制の逼迫に東京五輪の開催が追い打ちをかけるのではないかという心配や不安が大きく、
さらには国民には我慢を強いながら五輪だけは特別扱いにするという不公平感、
感染防止対策の実効性や開催リスクを政府がまったく説明できていない不信感からだ。
そして、開催に疑義を呈しているのは野党や朝日新聞だけではなく、多くの国民や海外メディアからも反対の声があがっている。
にもかかわらず、安倍前首相は「反日的」な人たちが「今回の開催に強く反対」しているなどと党派的・思想的な問題に矮小化したのである。

 安倍前首相は2017年におこなわれた前回の都議選の応援演説中に「安倍やめろ」と声をあげた市民を指差し  
「こんな人たちに負けるわけにはいかない!」と言い放ったが、今回もそれと同じ。
つまり、自分の考えに従わない、同調しない人びとはみな敵であり、東京五輪に反対する者は「反日的」だと決めつけ、攻撃対象に仕立て上げるのである。

 この対談でも、櫻井氏が「いまどなたにお会いしても「やっぱり安倍さんにもう一度、三度目の登板をしていただきたい」と言われます」
「多くの国民が「安倍ロス」に陥っています」と持ち上げると、安倍前首相は「大変光栄なことですが、それは全く考えておりません(笑)」などと返答。
だが、2007年に体調不良を理由に首相を辞任したあとも当初は再登板を否定しながら、櫻井氏ら極右応援団が担いだ神輿に乗って首相に返り咲いた。
こうして極右雑誌に登場し、仮想敵を派手に攻撃することで求心力を高め、再々登板に弾みをつけるという同じ茶番を再現するつもりなのはミエミエだ。

全文
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0630/ltr_210630_1057559454.html     


【【五輪】安倍晋三「反日的な人たちがオリンピック開催に反対しています」 櫻井よしことの対談で】の続きを読む


安倍 晋三(あべ しんぞう、1954年〈昭和29年〉9月21日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(9期)。 内閣総理大臣(第90・96・97・98代)、自由民主党総裁(第21・25代)、自由民主党幹事長(第38代)、内閣官房長官(第72代)等を歴任した。
348キロバイト (50,497 語) - 2021年5月9日 (日) 21:23



(出典 www.zakzak.co.jp)


安倍さんがまた出るのですか❗

1 影のたけし軍団 ★ :2021/05/17(月) 07:20:52.44

結局、参謀は将軍にはなれないのか。誰もがそう思い始めた矢先、例の男が計ったように存在感を増してきた。
菅が「時間切れ」となる総裁選まで残り4ヵ月。三たび天下を取るには十分な時間だ。発売中の『週刊現代』が特集する。

「ムリとはなんだ、ムリとは! ええ!」

官邸に菅の怒声が響くことが、4月から明らかに増えている。以前はもっぱら官僚たちが標的だったが、
、最近は閣僚相手でもお構いなしに怒鳴る。

議員や官僚がひっきりなしに菅のもとを訪れる。しかし菅は孤独だ。誰かが恐る恐る「それは難しいかと……」と反論しようものなら、罵声が飛ぶ。

人心が離れてゆく。菅はますます苛立つ。

いま、菅の頭にはワクチンしかない。ワクチンを打ちまくらなければ、この窮地は打開できない。東京五輪も開けない。

だから、全国から逐一状況を報告させる。遅いところは締め上げる。
ほら、「7月には絶対に接種を終わらせます」という自治体が増えてきた―。

(やればできるじゃないか。その調子でお前ら、寝ずにやるんだ。こっちだって寝てないんだ)

明らかな無茶振り、そして忖度の強要だが、意に介さない。

菅が平常心を失っているのは、コロナ対策がどん詰まりのせいだけではない。
「あの男」のニヤニヤがこのところ、何度も視界に入ってくるのが鬱陶しくて仕方ないのだ。


憔悴しきった菅を尻目に、安倍はこの1ヵ月だけでも「ポストコロナの経済政策を考える議員連盟」
「保守団結の会」「原子力リプレース推進議員連盟」と議連の会合3つ、自民党新潟県連の会合、
さらに講演会「日本国憲法のあり方を考えるシンポジウム」で立て続けにマイクを握った。

安倍に近い自民党議員が言う。

「どこへ行っても会場は満杯。安倍さんとしても、党内と国民にどのくらい『安倍待望論』
が広がっているか見極める意図があるのでしょうが、わざわざ確かめるまでもないという感じです」

1年前、体調不良で国会にも記者会見にも出てこなくなった弱々しい安倍の面影はもうない。
この4月には、ごく親しい自民党関係者の前でこう豪語したという。

「もう体調は万全。これからはアップデートしたアベノミクスで、コロナ後の日本に貢献したい」
アベノミクス、それは「安倍政権の」経済政策を指す言葉にほかならない。「スガノミクス」、そんな言い回しをするつもりはハナからない。

「もちろん、自分が政権を取るとまでは言いません。しかし、一兵卒として政権を支える、という言葉とは裏腹の大言壮語です。
党内が失政続きの菅総理に倦んでいること、皆がカムバックを期待していることをわかった上で言っているんでしょう」(自民党関係者)

安倍は確信を抱いている。俺とスガちゃんではそもそも器が違う。格が違う。役者が違う。あんな草履取りではなく、みんな俺の帰りを待っているじゃないか―。

二度あることは三度ある。菅が失策を連発する様子を認めた安倍が、3度目の登板に向けて動き出したことは、もはや疑いようもない。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/83134?imp=0


【【週刊現代】 菅の失政にほくそ笑む・・・安倍晋三いよいよ「3度目の登板」へ準備が始まった…!】の続きを読む



(出典 www.zakzak.co.jp)


安倍さんがまた復活するんですか❗

1 ネトウヨ ★ :2021/05/16(日) 11:24:36.99

国会議員の事務所が並ぶ東京・永田町の議員会館。ひときわ人の出入りが激しいのが自民党の安倍晋三前首相の部屋だ。

敵と見なせば、ためらいなく批判を加える一方、身内への甘さがたびたび指摘された。社会に生まれた溝は深まり、いまも修復されずにいる。

 党内で賛否が割れる選択的夫婦別姓の議論が再スタートした4月上旬には、高市早苗元総務相や山谷えり子元拉致担当相ら、制度導入に慎重な議員が訪問。別の日には、安倍氏に近い下村博文政調会長、衛藤晟一前沖縄北方相らの姿もあった。面会した一人が言った。

 「安倍さんはもう完全復活だ」
https://www.asahi.com/sp/articles/ASP5G5F97P5CUTFK01Z.html?ref=amp_login
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1621128453/


【【速報】安倍、完全復活】の続きを読む



(出典 gendai.ismcdn.jp)


若者は左寄りのメディアに飽きがきたのでは。日本を当たり前の国にしたいのです❗

1 ブギー ★ :2020/10/26(月) 01:10:49.37

アベからスガへ引き継がれる若者の支持

「なぜ若者は自民党を支持するのか?」
「若者は自民党や安倍晋三をリベラルだと考えているというのは本当なのか?」

――などと年長者から尋ねられることが、近頃多くなった。『なぜ若者は、それでも「安倍晋三」を支持するのか』という小論を現代ビジネスでリリースしたのは、そうした問いかけに対する回答のつもりだった。だがむしろ、この記事をリリースしてからますますそうした質問を受ける機会が多くなった。

 安倍政権が幕を閉じ、そのあとを引き継いだ菅政権が発足した。朝日新聞世論調査によると、やはり政権発足直後ということもあって全世代にわたって支持率は高い。しかし特筆すべきは、29歳以下、39歳以下の世代において不支持率が低いことだろう。ちなみに安倍政権末期(2020年7月)の調査でも同様の傾向がみられた。この時期になると、ほとんどの世代で安倍政権への不支持が支持を上回っていたが、そのような状況でもなお29歳以下の世代だけは支持46%・不支持29%だったのである。

 とくに自民党政権に批判的な立場の方々の意見をうかがっていると、「物事の道理をただしく理解さえすれば、若者たちはとてもではないが自民党やアベ・スガなど支持できるはずがない」という前提を自明として考えていることがわかってきた。

「自民党支持者」に対する先入観

 若者たちは、政治に対する勉強も理解も足りていない。ただ「少数派になるのが嫌だ」という付和雷同、あるいは同調圧力によって自民党政権を支持しているにすぎないのだと彼らは推測する。

〈駒沢大学法学部の山崎望教授は、2017年後期のゼミを振り返って言う。「学生たちに『共感』というか、ああ、そう考えちゃうよねと腑に落ちました」

当時、世間を騒がせていた森友・加計学園の問題を議論した。安倍政権を肯定する意見がゼミ生25人の7割を占めた。 「何政権であろうと、民主主義国家としてよくないのでは? 私がそう水を向けると、彼らはきょとんとした顔でこう言うんです。『そもそも、総理大臣に反対意見を言うのは、どうなのか』って」

政権に批判的な残りの学生に対しても、肯定派は冷たかった。「空気を読めていない、かき乱しているのが驚き、不愉快、とまで彼らは言うんです」

なぜ、そう考えるのか? 学生たちにリポートを書いてもらうと、「政治の安定性を重視しているから」という理由が多かった。不安定でも臨機応変に対応すればいいんじゃないの? 山崎氏がさらに問うと、肯定派はみな言葉に詰まってしまったという。

「理屈ではなく感覚なんです。安定に浸っていたい、多数派からはじかれて少数派になりたくない。そんな恐怖が少数派は罪という考えまで至るのではないでしょうか」〉

(朝日新聞GLOBE+『なぜ若者の政権支持率は高いのか 学生との対話で見えた、独特の政治感覚』(2020年9月30日)より)

 「(ただ感覚的に、多数派から疎外される恐怖によって自民党を支持しているにすぎないのだから)根気よく説明してものの道理を理解させれば、若者たちは自民党支持などやめるはずだ」と、政権や自民党に批判的な人は少なからず考えているようだ。つまるところ「自民党を支持するということは、どこか社会や政治について理解度が低い部分があるに違いない」と。もっと言い方を選ばずに表現すれば「コイツはどこか阿呆なところがあるから、自民党など支持しているのだ」という前提を抱いているということだ。

 しかし残念ながら、このような認識では、若者たちの考えていることをとてもではないが理解できるはずがない。もし彼らに政権支持をやめさせたいと思うのであればなおさらだ。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/2cf493f2a574ac9204f8a70631a21a317b157150

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


★1 2020/10/25(日) 16:00:23.
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1603635595/


【なぜ若者は、安倍晋三元首相に続いて「菅義偉首相も」支持するのか 】の続きを読む

このページのトップヘ