クイックスポーツNEWS

クイックスポーツNEWSは、ニュース及びゴルフ、野球等の各種スポーツや政治、経済、芸能など今話題になっている事に関する情報の5ch・2hhやTwitterの声をまとめて紹介しています。
お気に入りの記事を探してみてください。

政府



(出典 i.ytimg.com)


いつまでワクチン接種を続けなければならない!

1 七波羅探題 ★ :2022/03/24(木) 06:33:28.75

政府は、新型コロナウイルスの4回目のワクチン接種について、5月開始を目指す方向で検討に入ったことがテレビ東京の取材で分かりました。

政府与党関係者によりますと、政府は3回目接種について4月に接種機会の提供に目途が立つ見通しだとして、4回目接種について5月の開始を目指す方向で検討に入ったということです。

最新の科学的知見を踏まえるとともに、3回目接種から4回目接種までの間隔については、イスラエルでの5か月の事例などを研究して、改めて検討するということです。

テレ東3/23(水) 22:31
https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/txn/news_txn/post_248397

★1:2022/03/23(水) 22:46
前スレ
【新型コロナ】ワクチン4回目接種 政府5月開始目指す
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1648043200/


【【コロナ】ワクチン4回目接種 政府5月開始目指す】の続きを読む



(出典 www.hoppou.go.jp)


逆じゃないですか!ロシアは今後弱ってきます。力のバランスです。

1 夜のけいちゃん ★ :2022/03/09(水) 06:33:53.06

2022年3月9日 5時54分

北方領土について政府は、ウクライナ情勢を踏まえ、日本固有の領土でロシアが不法に占拠しているとの立場を鮮明にしています。ロシアとの平和条約交渉は一層困難な情勢になる見通しです。

北方領土をめぐって政府は、安倍政権当時の2019年にはロシアとの平和条約交渉に支障をきたすおそれがあるとして、「固有の領土」かどうかの認識について答えを控えたいとする答弁書を決定しています。

しかしロシアのウクライナへの軍事侵攻が続く中、岸田総理大臣は7日の国会で「私自身用語を使い分けた記憶はないが、いずれにせよわが国の固有の領土だ」と述べ、政府としてこれまで控えていた表現で明確に答弁しました。

林外務大臣は8日の会見で「今までは外交的な観点から『わが国が主権を有する島々』との表現を用いてきた」としたうえで「今の状況に鑑みると平和条約交渉の展望を申し上げる状況にはなく、そうしたことも踏まえて申し上げている」と説明し、ウクライナ情勢を踏まえたものだとの認識を示しました。

また「ロシアによる北方領土の占拠は法的根拠を何ら有していないという意味で不法なものだ」と述べ、北方領土をめぐる立場を鮮明にしました。

政府としては北方領土に対する原則的な考え方を訴えるとともに、力による一方的な現状変更の試みを認めない姿勢を国際社会に強く打ち出すねらいもあるものとみられ、ロシアとの平和条約交渉は一層困難な情勢になる見通しです。

ソース https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220309/k10013521211000.html

関連スレ

【違う未来へ】北方領土は「不法占拠」 以前の表現復活―林外相… [BFU★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1646737849/


【【外交】政府 北方領土「ロシアが不法占拠」鮮明 平和条約交渉は困難に】の続きを読む



(出典 dol.ismcdn.jp)


暗殺が心配です。

1 スペル魔 ★ :2022/03/04(金) 23:51:27.39

安倍氏をマレーシア派遣へ
政府特使、外交樹立65周年
2022/3/4 23:37 (JST)
https://nordot.app/872488561231937536

 政府は、今年外交関係樹立65周年を迎えるマレーシアに今月中旬、安倍晋三元首相を岸田文雄首相の特使として派遣する方針を固めた。関係者が4日明らかにした。当初、昨年12月の派遣を計画していたが新型コロナウイルスのオミクロン株拡大を受け見送っていた。

 今回の訪問で安倍氏は、政府要人と会談するほか、講演などを予定しているという。


【【外交】政府、安倍晋三を派遣へ】の続きを読む



(出典 tk.ismcdn.jp)


何でそんなことするの('_'?)

1 令和大日本憂国義勇隊(栄光への開拓地) [US] :2021/11/18(木) 07:34:52.90


出入国在留管理庁が人手不足の深刻な業種14分野で定めている外国人の在留資格「特定技能」について、2022年度にも事実上、在留期限をなくす方向で調整していることが17日、入管関係者への取材で分かった。熟練した技能があれば在留資格を何度でも更新可能で、家族の帯同も認める。これまでの対象は建設など2分野だけだったが、農業・製造・サービスなど様々な業種に広げる。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE019ZY0R00C21A9000000/?n_cid=SNSTW001&n_tw=1637139615


【✡️移民政策 日本政府 外国人技能実習生の在留を無期限】の続きを読む