「死刑廃止して終身刑を」日弁連が提言 条件満たせば仮釈放も | ニコニコニュース


日本の弁護士は、「善良な大部分の国民の人権」より「不良な一部の人権」を大事にしていますね憲法は、不良な人物の人権ばかり規定している善良な国民のためのための人権規定は1条もない 最悪である

死刑を廃止して、仮釈放の可能性のない「終身拘禁刑」を新設してはどうだろうかーー。日弁連が11月18日、こんな提言を公表した(提言は15日付)。

終身拘禁刑に処された場合でも、一定の条件を満たせば、仮釈放の可能性がある「無期拘禁刑」に減刑する仕組みもつくることを提案している。

関連して、提言では制度上は仮釈放もありえるのに、現状の無期懲役・禁錮刑が事実上の終身刑になっていることも問題視した。

2019年内閣府が実施した死刑制度に関する世論調査では、「死刑は廃止すべきである」と答えた人はわずか9.0%だった。

しかし、「仮釈放のない終身刑が新たに導入されるならばどうか」との問いについては、「死刑 を廃止しない方がよい」が52.0%だったものの、「死刑を廃止する方がよい」も35.1%と一定の支持があった。

日弁連は2016年の人権擁護大会(福井)で、死刑廃止を求める宣言を採択している。

「死刑廃止して終身刑を」日弁連が提言 条件満たせば仮釈放も


(出典 news.nicovideo.jp)

【【死刑】 死刑廃止して終身刑を 日弁連が提言 条件満たせば仮釈放も】の続きを読む