クイックスポーツNEWS

クイックスポーツNEWSは、ニュース及びゴルフ、野球等の各種スポーツや政治、経済、芸能など今話題になっている事に関する情報の5ch・2hhやTwitterの声をまとめて紹介しています。
お気に入りの記事を探してみてください。

男性



(出典 appliv-domestic.akamaized.net)


以前は5万円じゃなかった?

1 ボラえもん ★ :2021/10/11(月) 00:05:55.62

未婚男女の間には「結婚はコスパが悪い」という説がある。
それに対して、既婚者は「結婚はコスパで考えるものではない。結婚をコスパなんかで考えているから、いつまでも独身なんだよ」と説教したい衝動に駆られるかもしれない。
しかし、一方で、恋愛の末に結婚した既婚者自身でも「愛さえあればなんでも乗り越えられる」とは言えないのではないだろうか。

結婚後の二人、あるいは、子が産まれて家族となった後の生活というのは、恋愛関係とは違い、否が応にも現実が突きつけられる。現実とはお金である。
「結婚とは、ひとつの消費行動である」とは、ドイツの哲学者マルクス・ガブリエルの言葉だが、
ある意味、結婚とはひとつの共同体運営であり、経済活動でもある。消費の一形態というとらえ方はむしろ的を射ていると言える。

■結婚のメリットの男女差
出生動向基本調査において、18-34歳の独身者を対象として「結婚の利点」「独身の利点」を聞いたものがある。
ここから見える男女の違いは、それこそ結婚というものに対する男女の経済的価値観の違いを如実に表している。

まず、「結婚の利点」の男女差分である。

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)


女性は、圧倒的に「経済的に余裕が持てる」項目男性より多く、その差分も拡大している。
2015年にはついに、ずっと安定的に高かった「子どもや家庭を持てる」を抜いている。対照的に「愛情を感じている人と暮らせる」は下がり続けている。

一方、男性は、「社会的信用や対等な関係が得られる」「生活上便利になる」などで女性より多い部分があるものの、それもほぼ経年で下降傾向である。
全体的に、女性と比較して男性は「結婚するメリットを感じていない」もしくは「結婚するメリットが年々減っている」と考えていることがわかる。

■独身のメリットの男女差
続いて、「独身の利点」の方を見てみよう。

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)


こちらも一目瞭然。意外にも、独身の利点として「行動や生き方が自由」をあげているのは、男性より女性の方が多く、これも年々伸びている。
つまり、女性の方が独身の利点を「自由」であることに見いだしており、かつ、独身のままの方が、男性より友人や社会との関係性を保持できるととらえているようだ。

逆に、男性が独身のままでいたいのは、「自分のためにお金を使いたい」からである。彼らは「自分のために金を使える自由」を捨ててまで、結婚をする必要性を感じない。

定期的に既婚サラリーマンのお小遣いのデータが発表されているが「結婚したら月3万円台の小遣いにされる」なんて情報を聞くと、
経済的デメリットが大きすぎて、とても結婚に前向きにはなれない。
しかし、それは、女性にとっても同様で、「自分の自由を奪われてまで、経済的メリットのない結婚をする必要もない」ということになる。

(全文はソースにて)
https://news.yahoo.co.jp/byline/arakawakazuhisa/20211009-00262297

★1が立った時間:2021/10/10(日) 20:59:47.24
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1633872618/


【✡️結婚 結婚にメリットを感じる男性が年々減少 「結婚したら月3万円台の小遣いにされる」】の続きを読む


意外と素直なんですね❗

【♥️恋愛 男性が理解すべき女心❗】の続きを読む


モテない人は見直して見てね❗

【♥️恋愛 彼女ができない男 ○○をしていたら終わりです 恋愛屋ジュン】の続きを読む



(出典 happy-buy001.net)


男性ってどれぐらいが平均年収?

1 ボラえもん ★ :2021/04/10(土) 16:55:56.94

結婚相談所に入会したいと思っても「そもそもこの年収でも結婚できるんだろうか?」と不安になっている男性もいるでしょう。
実際に結婚相談所でお見合い相手を探す際、条件に「年収」を挙げる女性は多いです。
しかし、たとえ年収が低くても本人の努力次第で結婚はできます。

(中略)

さらに同アンケートで「ギリギリ結婚できるかなと思う、相手の最低年収額は?」を調査した結果がこちらです。

(出典 news.careerconnection.jp)


30~34歳の日本男性の平均年収は450万円。
上のデータによれば60.2%の女性が年収499万円以下の男性と結婚できると回答しています。
つまり平均程度の年収であれば、十分結婚相手の候補として土俵に乗ることができるのです。

*女性が結婚相手に求めるものは年収だけじゃない!
結婚生活において経済力は大切な要素のひとつかもしれません。しかし、女性が結婚相手に求めるものは経済力だけではありません。

婚活パーティの運営会社「PARTY☆PARTY」が実施したアンケートによると、女性が結婚相手に求めるものベスト5はこちらです。

(出典 news.careerconnection.jp)


気になる「経済力」は第3位。半数以上の女性が年収以上に「価値観」や「人柄」を重視すると回答しています。

経済力はライフステージによって変化するもの。もし収入に変化があっても価値観や人柄の相性がよければ乗り越えられるでしょう。
結婚後の長い人生を思えば、年収より価値観のマッチングに重きを置く女性が多いようです。
年収がネックで婚活を始める勇気が持てない男性にとっては、希望を持てる結果ではないでしょうか。

(以下略、全文はソースにて)
https://news.careerconnection.jp/?p=113723


【♥️恋愛 低年収男性も結婚を諦めないで! 女性の6割は「年収500万円未満の男性と結婚できる」】の続きを読む



(出典 i.ytimg.com)


普通の男性のスペックが高過ぎでしょう❗

1 ボラえもん ★ :2021/04/12(月) 14:16:53.50

「普通の人と結婚したい」。そういった声を聞くことがありますが、そもそも普通の人の特徴や定義ってどういったものなのでしょうか? 
年収や学歴、見た目とは? コラムニストのトイアンナさんに教えていただきました。

普通の人と結婚したい。
古今東西、この20年以上、結婚相談所からマッチングアプリまで、あらゆる場で女性から言われてきたことです。

婚活で男女を比較すると面白いことに、女性は「何もかも平均以上」の普通を求めるのに対し、
男性は顔だけとか、家柄だけ、年齢だけとか、「一点突破」の要望が多いものです。

ではこの「普通の人」とは何者なのか。今日はそれを簡単にひもといてみましょう。

■婚活市場で言われる「普通の人」の定義とは?
まずは、実際の基準を一旦忘れて、婚活をしている女性が挙げがちな「普通の人」像を描いてみましょう。

◇容姿・性格
まず、婚活で女性が要求する「普通の容姿」とはどんなものか。筆頭に上がるのは清潔感です。

メガネが曇っていない、爪が切りそろえられている、服に皺がない、服が日焼けして古くなっていない、
靴が汚れていない、髭が青くなっていたり、剃り残しがあったりしない、フケが肩に落ちていない、美容室へ定期的に通って眉毛と髪を整えている……。

これらを総合して、清潔になった姿を、女性はよく「普通の人」と呼びます。さらに身長170cmを基準に置く方も多数。

よく、「星野源さん」が普通の人の見た目を表す芸能人として登場しますが、さすがにこれが普通ではなく理想像であることは、
女性陣も理解しています。とはいえ、清潔感を妥協できるという話は、婚活でなかなか聞きません。

◇学歴
婚活市場でよく聞く、女性が「普通の人」として考える学歴は、MARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政大学)以上です。

しかし、これはさすがに私も突っ込むことが多い要素。
ご自分がMARCH以下だった場合、ご自身は「普通じゃない」扱いで大丈夫なのでしょうか……?

MARCHとまでは言わない方でも「四大卒」を条件に挙げる女性は多め。大卒というのは、今も大きな価値を持つようです。

◇仕事・年収
年収は婚活だと最低300万円、できれば400万円台以上が「普通の人」としてみなされる条件です。
年齢層にもよりますが、20代後半でしたら300万円前後はおおむね、都内だと普通の年収と言えそうです。

■なぜ「普通の人」を求めてしまうのか
ではなぜ、これらの「やや高い理想」を普通に置いてしまうのか。その理由は、以下のとおりです。

(1)自分の父親を基準に置いている
よくあるのが、「自分が育った環境と同じ環境で、自分の子どもを育てたい』」という願望から、
父親と同じ年収、キャリア観、学歴をスタンダードにしてしまうケース。親世代はバブル経済を経験した方も多く、今とは月収基準が違います。

しかし、そこで生活水準を下げてまで結婚したい相手とは出会えない、というのが悩みの種になるようです。

(2)友達の彼氏や夫と比較している
もし、自分の友人がこぞって医師と結婚していたら。自分も医師と結婚できるのではないか、という気がしてしまうものです。
しかし、友人のパートナーと、自分の伴侶には本来、あまり関係がないはずです。

それを無視して「友人みたいな夫婦になりたい」と願うと、世間の水準からかけ離れた相手を求めてしまうことになりかねません。

(3)専業主婦になる前提で試算している
もし、専業主婦になりたいなら、都内ですと旦那さんの年収に600万円程度は必要なのではないでしょうか。
しかしながら、この年収がある独身男性は減る一方。このギャップが、「期待と現実の差」を生んでいます。
(以下略、全文はソースにて)
https://woman.mynavi.jp/article/210318-16/

★1が立った時間:2021/04/12(月) 12:53:05.40
※前スレhttps://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1618199585/


【♥️恋愛 婚活女性が求める「普通の男性」のスペック…清潔感があり身長170cm以上、MARCH以上の学歴で年収400万円以上】の続きを読む

このページのトップヘ