クイックスポーツNEWS

クイックスポーツNEWSは、ニュース及びゴルフ、野球等の各種スポーツや政治、経済、芸能など今話題になっている事に関する情報の5ch・2hhやTwitterの声をまとめて紹介しています。
お気に入りの記事を探してみてください。

第三次世界大戦



(出典 fnn.ismcdn.jp)


首脳会談実現するか!

1 少考さん ★ :2022/03/20(日) 23:21:06.09

※CNNPolitics

Zelensky: 'I'm ready for negotiations' with Putin, but if they fail, it could mean 'a third World War'
https://edition.cnn.com/2022/03/20/politics/zelensky-putin-ukraine-negotiations-war-cnntv/index.html

By Devan Cole, CNN

Updated 1351 GMT (2151 HKT) March 20, 2022

ワシントン(CNN)のウクライナ大統領ウォロディミル・ゼレンスキーは日曜日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と「交渉の準備ができている」と述べたが、失敗した場合は「これは第三次世界大戦であることを意味する」と警告した。

「私は彼との交渉の準備ができている。私は過去2年間の準備ができていた。そして交渉なしではこの戦争を終わらせることはできないと思う」と彼はCNNのファリード・ザカリアに語った。
「交渉の可能性、プーチンとの会話の可能性を得るには、あらゆる形式、あらゆる機会を使用しなければならないと思う。しかし、これらの試みが失敗した場合、これは第三次世界大戦であることを意味する」と彼は付け加えた。
ゼレンスキーは、ロシアのウクライナ侵攻が第4週に近づくにつれ、最近、より多くの交渉を促している。土曜日に投稿されたビデオメッセージで、彼は「遅滞なく」会談を呼びかけ、さもなければロシアの損失は「莫大」になるだろうと警告した。
「私たちは常に交渉を主張してきました。私たちは常に対話を提供し、平和のための解決策を提供してきました」と彼は言いました。「そして今、特にモスクワで、みんなに私の声を聞いてもらいたい。会う時だ。話す時だ。ウクライナの領土保全と正義を取り戻す時だ。」

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。


※Google翻訳使用


【【戦争】ゼレンスキー氏「プーチン氏との交渉の準備ができている」が、失敗した場合、「第三次世界大戦」を意味する可能性がある】の続きを読む



(出典 upload.wikimedia.org)


誰かプーチンを止めないといけない!ロシアにはいないのか。

1 スペル魔 ★ :2022/03/03(木) 01:02:25.43

Russia’s foreign minister Sergei Lavrov has warned a third World War would be ‘nuclear and destructive’.

翻訳
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、第三次世界大戦は「核兵器で破壊的」なものになると警告しました。
https://www.independent.co.uk/news/world/europe/russian-sergei-lavrov-world-war-3-b2026579.html
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1646232737/


【【戦争】ロシア・ラブロフ外相「第三次世界大戦は核兵器で破壊的なものになるだろう」】の続きを読む


米独がウクライナへ武器供給へ、次は人的供給で第三次世界大戦勃発かと話題に | ニコニコニュース


確かに第三次世界大戦に発展するおそれはありますね!

image:秒刊SUNDAY

ウクライナ軍とロシア軍の戦闘が続いており、緊迫した状況が続いています。このような状況下、アメリカドイツウクライナへ向け武器供給を行うことが表明されました。大規模な武器がウクライナへ提供されることを受け、次は人的供給も視野に入れられるのではないでしょうか。いよいよ第三次世界大戦へと突入してしまう恐れが現実味を帯びてきたと、ネット上で話題になっていました。

アメリカドイツウクライナへ武器供給へ

https://platform.twitter.com/widgets.js

ロシア軍によるウクライナ侵攻が続く中、アメリカウクライナへ軍事援助で、3億5000万ドルを追加支援することが発表されました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

また、ドイツのショルツ首相もウクライナへ、対戦車砲1000門や携帯式地対空ミサイル500基を提供することをツイッターを通じ発表したのです。

ドイツは第二と話題

アメリカ、そしてドイツウクライナへ武器供給することを発表しました。

武器供給の次は、人的供給も行われることが考えられます。

もし、アメリカNATO加盟国などがウクライナへ人的供給を行った場合、世界を巻き込んだ戦争へと発展していく恐れも視野に入れなければなりません。

「輸送部隊が攻撃されたら第三次世界大戦始まるんじゃないの?」「こんな武器供与してたら第三次世界大戦になっちまうだろ!」「これもう第三次世界大戦になってるじゃない。」「派兵したら、それこそ第三次世界大戦になってしまう。」「アメリカなどのNATOの動き、第三次世界大戦に向かっていないか?」と、ネット上にコメントが寄せられており、第三次世界大戦に発展してしまわないか危惧する声が見られました。

日本人だから何もできない、と考える人もいるかもしれません。

しかし、日本にいながらでもウクライナに寄付金を送ることはできます。

ウクライナ情勢に、今後も注視していく必要がありますね。



画像が見られない場合はこちら
米独がウクライナへ武器供給へ、次は人的供給で第三次世界大戦勃発かと話題に


(出典 news.nicovideo.jp)

【【戦争】米独がウクライナへ武器供給へ、次は人的供給で第三次世界大戦勃発かと話題に】の続きを読む

このページのトップヘ