クイックスポーツNEWS

クイックスポーツNEWSは、ニュース及びゴルフ、野球等の各種スポーツや政治、経済、芸能など今話題になっている事に関する情報の5ch・2hhやTwitterの声をまとめて紹介しています。
お気に入りの記事を探してみてください。

米国



(出典 i.ytimg.com)


どんどんやればいい❗困るのは中国だけ。

【中国高官資産凍結 米国は徹底してやるべきだ❗】の続きを読む


ファーウェイ・テクノロジーズ(漢字略称: 華為、簡体字: 华为技术有限公司、英語: Huawei Technologies Co., Ltd.)は、中華人民共和国深圳市に本社を置く通信機器大手メーカー。 ファーウェイは1987年に、携帯電話のインフラストラクチャー整備に必要な通信機器を開発するベンダ
92キロバイト (12,868 語) - 2020年8月13日 (木) 09:12



(出典 i.ytimg.com)


中国に情報漏洩する恐れがあるファーウェイ機器の使用禁止は当然です❗

【『ファーウェイ』への禁輸措置強化】の続きを読む



(出典 i.ytimg.com)


米国 台湾防衛に本腰で取り組む。

1 昆虫図鑑 ★ :2020/08/14(金) 08:20:40.15

習近平主席の外交ブレーンに狂い

 中国の外交総括役の楊潔篪国務委員(外交担当=共産党外事工作委員会主任)は8月7日に発表した文書でこう言い切った。

「米国の一部反中勢力が米中関係を不可逆的に破壊するため、米中の交流を阻み、米国民を誤った方向に導いている」

 習近平国家主席の外交ブレーン、楊氏が米国内に燃え上がる反中気運を本心からそう思っていたとしたら、完全な間違いだ。

 確かに当初は人権問題には史上最も疎いドナルド・トランプ大統領にとっては、中国攻撃は再選狙いの一環でしかなかった。


 ところが「香港国家安全維持法」制定を契機に、人権問題には敏感な米議会では、反中スタンスに火がついてしまった。

 以前から米議会には超党派で反中マグマはあった。

 米中貿易摩擦、中国の米知的財産盗取、スパイ活動、南シナ海・東シナ海での準軍事威嚇活動、ウイグル族抑圧――。

 その反中マグマに火をつけたのが「香港国家安全維持法」制定だった。

米議会は反中で一致、媚中派ゼロ

 米議会はトランプ大統領よりも先へ先へと動いた。

 中国が「香港国家安全維持法」制定の動きを察知するや、パット・トゥーミ―上院議員(共和、ペンシルベニア州州選出)が5月21日、「香港自治法案」(Hong Kong Automy Act)を上程。米上院は6月25日、同法案を可決、成立させた。

 米下院は、中国共産党全代人常務委員会が6月30日、「香港国家安全維持法」を制定した直後、「香港セーフハーバー法案」(Hong Kong Safe Harbor Act)*1を可決成立。

 上院でも、マルコ・ルビオ(共和、フロリダ州選出)、ボブ・メネンデス(民主、ニュージャージー州選出)が同日、同法案を上程、直ちに可決、成立させた。

*1=同法案は、民主化運動などで当局から逮捕される恐れのある香港市民を米国が特別難民として受け入れることを明記している。
「香港国家安全維持法」制定、つまり「一国二制度」の事実上の終焉とみた米議会は、「次は中台統一」と見た。

 上院では、ジョシュ・ハウレイ議員(共和、ミズーリ州選出)が6月29日、「台湾防衛法案」(Taiwan Defense Act)を提出した。

 下院ではマイク・ガラファー議員(共和、ウィスコンシン州選出)が同趣旨の法案を提出した。

 この法案は、米政府が1979年に制定した「台湾関係法」に明記された中国からの軍事的脅威に直面する台湾に対する米国の軍事的責務を再確認するよう求めたものだった。



続きはソースで
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/61696?page=2


【米下院がついに対中強硬法案提出、台湾防衛へ本腰 米議会は反中で一致、媚中派ゼロ】の続きを読む



(出典 i.ytimg.com)


中国に情報漏洩のおそれ 米国では禁止 日本政府もしっかり対応して欲しい❗


【米国『Tik Tok 禁止 』 中国に情報漏洩のおそれ】の続きを読む



(出典 rubese.net)


日本政府も決断するときが来た。中国排除に向けて、一致団結しなければならない❗

1 ブギー ★ :2020/08/10(月) 05:59:14.77

【ワシントン=中村亮】米国務省は5日、個人や企業情報を守るため国内通信分野での中国企業の排除に向けた新たな指針を発表した。中国製アプリの排除を米配信事業者に促し、中国企業が関与するクラウドサービスの利用は望ましくないとの見方を示した。

続きはソース
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62348950W0A800C2MM0000/


米国務省が「クリーン」とみなす通信事業者
https://www.state.gov/5g-clean-network/

(出典 www.state.gov)


※前スレ

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1596989713/


【米国務省が「クリーン」とみなす通信事業者を発表 日本はNTT、KDDI】の続きを読む

このページのトップヘ